若い人程実践して欲しいフェイスケア

高収入、福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

日々のケアは、女性にとっては大切なルーティンですよね。

綺麗な肌をキープするには毎日欠かせないスキンケアですが、その一方で、間違ったケアをしてしまうと、かえって肌悩みが増えてしまうこともあります。

「でも、私はまだ若いから大丈夫!」「私にはまだ早いでしょ?」そう考えている女性も当然多いと思います。

勿論、年代や肌質によって注意すべき点が異なることは事実ですし、それぞれのニーズも違ってきます。

しかし、若いからといって肌悩みを放置しておくと、「何であの時しっかりケアしていなかったんだろう…」と後悔することになってしまいます。

そんな状況を避けるためにも、このブログでは、若い人にこそ行なって欲しいフェイスケアについてご紹介します。

目次

メイクオフの方法を見直す

まずは、スキンケアのファーストステップであるクレンジングについて見直してみましょう。

「学生時代からずっと同じものを使っている… 」「クレンジングなんて、メイクが落ちれば何でもいいんじゃないの?」そう思う方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、実はクレンジングには、用途や肌質に合わせてたくさんの種類があるのです。

クレンジングの種類

クレンジングには、こってりとした濃厚なオイルタイプから、そのオイルを固めたバームタイプ。

また、適度にコクがあるクリームタイプ、柔らかな質感のミルクタイプ、軽やかなジェルタイプ、そして、みずみずしいローションタイプなどがあります。

ちなみに上から順に、洗浄力が高いものから低いものになっています。

メーカーなどにもよりますが、一般的にその違いは、油性成分の配合比率にあります。

油性成分とは、肌の上で水分と油分をなじませ、乳化させることでメイクを落とすものです。

つまり、油性成分の多く配合されているものは、洗い流すための乳化剤が多く必要になるため、それに伴って洗浄力が高くなります。

つまり、自身のメイクの濃さや肌質に合わせたクレンジングを使用しなければ、本来肌に必要な皮脂や油分までを落としてしまうことになります。

アイシャドウやマスカラをがっつり使用した、落ちにくく濃いメイクをした日。

日焼け止めや下地だけを使用した、日焼け対策をしただけの薄いメイクの日。その日や場面ごとによって、女性のメイクは大きく違いますよね。

そのメイクごとにクレンジングを変えることも大切です。

その上で、化粧水や乳液、クリームなどの基本的なケアを正して、自分の肌に合ったプラスケアを考えてましょう。

プラスケアを行う

自分の肌質や肌状態をしっかりと把握した上で、悩みに効果のあるコスメを使用することが大切です。若い世代の皆様にこそ特に行なって欲しいケアについてお話しします。

日焼け対策を行う

冬は夏に比べて紫外線が少ないとは言え、それでも当然ゼロではありません。

また、これからウィンタースポーツが盛んな季節になりますが、白い雪で日光が反射されることによって、油断していると肌が日焼けしてしまいます。

シミになってしまってからでは、取り返しがつきません。

昨今では美容手術などで除去する方法もありますが、手術を行うとなると、一気に金額が跳ね上がりますよね。

美白対策の基礎化粧品などを使用するなど、今の間に少しお金を掛けてでも、将来への投資だと考えて今の間からケアを始めておくべきでしょう。

目元のケアを行う

ついつい忘れがちな目元のケアですが、実は一番年齢が出やすい部分なのです。

また、目元の皮膚は非常に薄く敏感であるため、日々のアイメイクによって刺激を受けやすい部位になります。

アイシャドウ、マスカラ、アイライナー。目元のメイクというものは、どうしても他の部位に比べて非常に落ちにくいです。

目元のメイクを落とす際は、専用のポイントリムーバーを使用しましょう。また、日々のスキンケアの工程に加えて、目元専用の美容液などを使用することも効果的です。

しっかりと目元に塗り込むことで、目尻の小皺や色素沈着などに対しても効果が期待できます。

乾燥対策を行う

日本には四季がある分、スキンケアも季節に応じたものが必要になります。

湿度が高く乾燥しない夏に比べて、これから訪れる冬は乾燥が気になる季節です。また、今の時期のような季節の変わり目は、肌が非常に敏感になっています。

水分保持力が衰えることによって、肌は乾燥します。

原因としては、肌のバリア機能の低下にあります。肌は表皮によって覆われていますが、この表皮の外側を角質層と呼びます。この角質層では、角層細胞や細胞間脂質が隙間なく並ぶことで肌のバリア機能が働いており、肌の深層内部から水分が蒸散するのを防いでいます。

しかし、バリア機能が低下した肌は、細胞を繋ぎ止める力が弱くなり、水分や皮脂が逃げやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥すると、少しの刺激で痒みが発生したり、酷い場合には皮膚炎に繋がります。

また、季節が変化すると、いつも行っていたスキンケアだけでは何か物足りなかったり、または肌荒れが起こってしまったりといった女性もきっと少なくないでしょう。

ゆらぎ肌に合った刺激の少ないスキンケアを心掛けることで、肌の状態が良好に保たれます。

いかがでしたか?「私はまだまだ若いから大丈夫!」と油断していると、未来の自分から恨まれることになります。

スキンケアというものは正直手間が掛かりますが、取り組めば取り組むだけ目に見えて成果が出ます。今のうちからしっかりと手厚くケアを行うことで、現在も未来も輝けるあなたであることでしょう。

是非ご参考に、今のうちからケアを行ってみて下さい。

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる