就職・転職・履歴書チャットレディは就職に影響しない?

こんにちは、福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

チャットレディは、お客様である男性ユーザーと直接会うことがなく、大きな収入を得られる副業として、昨今様々な女性から注目されているお仕事です。

しかし、アダルトな要素も含まれるため、皆が皆良いイメージを持たないというのが、正直な現状です。

「チャットレディをしたら、就活に影響するの?」「チャットレディをしていることが周囲にバレないためにはどうすればいいの?」といったように、様々な疑問や不安を持っている人もきっと多いと思います。

また、就職活動や履歴書などに不利になってしまうと思って、チャットレディを始められないという学生の方は多いのではないでしょうか?

このこんかいは、チャットレディをしているやしていたことが就職活動に影響するのかということについて、詳しく解説させて頂きたいと思います。

これから就職活動もあるけれど、チャットレディ業界で働きたいと考えている学生は、是非参考にしてみて下さいねー!

目次

面接先にチャットレディをしていたことがバレることはあるの?

結論から言うと、チャットレディをしていたことが、面接先にバレることはありません。

チャットレディをしていたからといって、就職活動に影響が出ることはありません。

その理由をご説明させて頂きます。

バイトの職歴を調べられることはない!

就職活動の一環で行われる面接では、あなたご自身が履歴書に書いたこと以外、聞かれることはありません。

また、担当する面接官が事前に職歴などを調べることもありません。

もちろん、所属大学や成績、クラブ活動などであなたのことをより知るためにリサーチすることはあっても、職歴まで調べることはありません。

もちろん、チャット相手の男性ユーザーが面接官だった場合はバレることにはなりますが、そんな可能性は殆どゼロに近いため、安心して下さい!

チャットレディの事務所から就職先に連絡がいくことはない!

チャットレディの事務所から、面接先に連絡が行くなんてことは、絶対に有り得ません。

例え所属しているチャットレディさんの面接先を知ったとしても、それらの情報を流すというような情報漏洩を行うことは絶対にありません。

チャットレディの事務所としては、出来るだけ多くのチャットレディさんを雇いたいというのが本音です。

そのため、信頼性を失う行為は絶対にしません。

しかし、悪質な事務所はそうとは言い切れないのが現実です。

そのため、しっかりと個人情報を漏洩しないような体勢が整えられた、安全なチャットレディ事務所に所属する必要があるのです。

チャットレディをしている、した事があることをバレないようにするには?

では、チャットレディをやっている・やっていたことをバレないようにする対策について、考えていきましょう。

履歴書にはチャットレディの経歴を書かない

履歴書にチャットレディをやっていたと書く必要はありません。

履歴書には、何もかもをされけ出さなければいけないと思っている人も多いのですが、意外とそんなことはありません。

しかし、アルバイト歴が少な過ぎたり、空白期間が多くなってしまうのが気になる場合は、在宅ワークと書くことをオススメします!

もちろん面接で具体的な内容について聞かれる可能性は大いにありますが、その場合は差し障りのないような内容(PC入力やデータ入力など)をしていたと答えましょう。

その内容に関しては、あらかじめご自身で模範解答を用意しておくことが必要です。

プロフィール写真を思い切り詐欺る

ライブチャットサイトのお客様である男性ユーザーは、まずチャットレディさんのそれぞれのプロフィールとサムネイル画像を見て、自分の好みのタイプかどうかを判断します。

そのため、プロフィール写真は、いつものあなたと違う印象を演出してみて下さい!

例えばウィッグをつけたり、いつもと真逆の雰囲気のメイクに挑戦してみたり、特徴があるホクロやあざがあれば消してみたりと工夫をすることで、バレる心配も大幅に少なくなります。

また、それぞれのライブチャットサイトにもよるのですが、顔出しをしなくても大丈夫なサイトもあります。

ただ、その場合、男性ユーザーからのログイン率もどうしても少なくなって、報酬金額にも大きく影響してしまうので、ご自身でしっかりと判断してみて下さい。

プロフィールに事実を記載しない

チャットレディとしてのプロフィールですが、何もかもを嘘偽りなく記載する必要はありません。

特に、あなたご自身の誕生日や血液型、年齢や出身地などを記載してしまうと、バレる可能性が大いに高まります。

ただ、チャットレディとして事務所やサイトに登録する際は、実年齢や誕生日については、正しい物を申告して下さい。18歳以上であることを確認するため、身分証明書も必要になります。

チャットレディをしている・いたことを、友人や知人に漏らさない

チャットレディをしている・していたということを、友人や知人などの周囲の人に言うのは絶対に止めて下さい。

人の口には戸が立てられないものです。

安易にぽろっと漏らしてしまうと、最悪の場合就職に影響してしまう恐れも充分に有り得ます。

お客様に本名や住所などの個人情報を教えない

例えどれだけお客様と親しくなっても、本名や住所などの個人情報は絶対に教えてはいけません!

本名や住所を教えてしまうと、その情報を元にさらに個人情報を調べられて、自宅や職場まで来られてしまうといった可能性があります。

そのお客様がストーカーに発展してしまうと、家族や友人、それこそ職場の人たちに、あなたがチャットレディをやっていることがバレてしまうことに繋がります。

ここまでいかがでしたか!?

参考にしてみてくださいね!

【履歴書】チャットレディは職歴としてどう書けば良いか

ここからは、履歴書などについても触れていきます。

現在、チャットレディのお仕事をされている方の中でも、このままずっとチャットレディを続けていこうと考えている方は、あまりいらっしゃらないかも知れません。

チャットレディのお仕事は、お客様である男性ユーザーに合わせて接客をする完全歩合制であるため、決して安定しているお仕事とは言えません。

そのため、一般的に安定したお仕事に転職したいと考えている人もいることでしょう。

そんな不安を抱えた人の悩みとして、履歴書の書き方に悩んだことがあるという方も、きっといらっしゃるでしょう。

昼間のお仕事に転職する中で、過去にチャットレディをしていたことは秘密にしておきたいものです。

「転職はしたいけれど、履歴書にどのように書けばいいの?」「いつか普通のお仕事に転職したい」「チャットレディをしていた経歴が転職先にバレたくない」と不安に思っている方も、きっと多いのではないでしょうか?

チャットレディというお仕事は、未だ知名度の低いお仕事ではあります。

そこで今回は、転職するにあたって履歴書の職歴の欄にどのように書けばいいのか分からないという疑問や不安を抱えている人に向けて、チャットレディをしていたことがバレない履歴書の職歴の書き方について、ご紹介させて頂きたいと思います。

これからチャットレディから転職をするために面接を受けようと考えている女性は、是非参考にしてみて下さいね!

なぜ職歴にチャットレディと書いてはいけないの?

もしもあなたが転職を考えているのであれば、過去にチャットレディのお仕事をしていたということを履歴書の職歴に書くことは、正直おススメできません。

なぜなら、チャットレディというお仕事自体が、社会的に評価されていないためです。

そもそもチャットレディというお仕事自体が、未だ世間一般的に知れ渡っていないこともあり、「世間一般的な常識がないのではないか」「金銭感覚が違いそう」「裏社会との繋がりがありそう」といったような偏見を持たれることが多いです。

つまり、チャットレディが社会的にも評価されにくいようなイメージのある職種ということもあって、経歴として履歴書に書くことはおススメできないのです。

履歴書の職歴には何て書けばいいの? ~気を付けるべきポイント~

では、履歴書お職歴にはどのように書けば良いのでしょうか?チャットレディとしての経歴が長ければ長い程、その空白期間をどのように埋めれば良いのか迷ってしまいますよね。

履歴書の職歴に、馬鹿正直にチャットレディと記載する必要はありません。

この場合、チャットレディのお仕事をする中で培った技術を応用できるような職歴を記載すると良いでしょう。

ここでは、職歴の項目にどのように書けば良いのかということについて、書いていきたいと思います。

一般事務

一般事務とは、基本的なオフィスワークを行う仕事です。

含まれる内容としては、正直多岐に渡ります。書類作成や処理・整理(、データ入力、電話・メール対応、来客対応、郵便物の仕分け・発送、伝票処理、備品管理・発注、雑務(清掃・コピーなど)などが一般的に事務と総称されています。

それぞれの会社にもよりますが、従業員の勤怠管理や給与計算、決算期の仕事の補助、小口金の管理、経費精算などの業務が含まれる場合もあります。

経理事務

チャットレディをする上で、一定以上稼ぐことができると必要になって来る確定申告の知識も、立派な経理の仕事にあたります。

チャットレディとして働いていた期間が長ければ長い程、確定申告の作業をきっとたくさん行ったと思います。

テレフォンアポインター

テレフォンアポインターとは、お客様や見込み顧客に直接電話をかけて、商品やサービスの紹介や販売を行ったりなどといったように、お客様とコミュニケーションを取るお仕事を指します。

個人事業主・フリーランス

もちろん、上記のように記載することも一つの手ですが、個人事業主・フリーランスで働いたと書くことが良いのではないかと思います。

実際に、このチャットレディの他にも、キャバ嬢やホステスなどのお仕事も個人事業主・フリーランスですから、嘘はついていないことになります。

また、面接官から自立した人だという良い印象を持ってもらえる可能性も大いにありえます。

その際に、「個人事業主ってどんなお仕事をしていたんですか?」と聞かれた場合は、「一般事務やライターのお仕事や、経理作業などを業務委託されていました」などと答えておけば良いと思います。

どのようなお仕事でも、他の社員や従業員、周囲の人々とのコミュニケーションは欠かすことはできません。

チャットレディとしてお仕事をするうちに自然と培ったコミュニケーション能力は、どのような場面でも活かされてきます。

履歴書の職歴に、チャットレディと書くことはおススメできません。

しかし、履歴書に書いてあることよりも、結局はあなたの人間性が重要視されますので、自分の長所をしっかりとアピールしましょう!

本来この様な記事は書きたくは無いものですが、チャットレディのお仕事をするにあたり少しでも不安を取り除いて安心してお仕事に集中して頂き高収入を得て頂きたく、今回このテーマで書かせていただきました。

不安な事があれば何でもご相談下さいね(๑╹ω╹๑ )

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる