Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

誘ってもらえる女性になろう☆

男性が誘いやすいタイプ

高収入福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

福岡チャットレディセオリーの皆さんは、どんな女性が「男性に誘われやすいタイプ」だと思いますか?

「全然男性に誘ってもらえない」という女性は少なくないでしょう。
では、男性にとって誘いやすい女性と誘いにくい女性はどこが違うのでしょう。

それは、男性に対して好奇心とか興味とか要求とかがどれだけあるか?
それが誘いやすさの分かれ目になります

たとえば、男性がみんなエッチだと思っている女性。
電車で袖がすり合ったくらいでも、相手がチカンに思えるかもしれません。

自分からいろいろ要求する以前に、それを止めるような材料を頭の中で作り出していませんか?
その上、男性はこうと決め付けてしまって自分を鎧の中に封じ込めてしまってる人はたくさんいます。

そいう人はやっぱり男性も誘いにくいと思います。
しかも、それは年を重ねるほど強化されていきます。

誘われやすさの条件

好奇心と好奇心は引き合うものです。
幼少期の女の子は天真爛漫でみんなに可愛がられます。

それは「ああ言ったら、こう思われるだろう」
「あの人ってこうかもしれない」という思いがまだないからです。
だから、周りの大人はみんな小さな子供を可愛がります。

それは彼女たちの心が開かれているからで、どの人に対しても「この大人たちは、なんだか面白い」と思っているからです。
そいう少女のような好奇心と、開かれた心があれば、大人の女性だって誘われやすいのです

誘いやすい女性」というと、「軽そうな女性」と思うかもしれません。
でも、それは決して悪いことではありません。

誘いやすいのは「自分のキャラをわかっている」女性

男女の関係では、女性も男性も繁殖行為だけではなく、最終的に嗜好やセンス。
趣味が一致することを重視します。

「自分は何が好きなのか」「何をしているとき私はかわいく見えるのか。」
「どういうものを選んだら満足できて楽しいのか。」これらをはっきり知っておくことが大切です。
明るい色の服を着ているとき、美味しいものを食べてるとき、自分が充足しているとき。
これらのことをはっきり自分で認識できる自分になることが大切です

自分がどういうキャラクターで、どういうことをされると喜ぶか。
どういうものをもらうとうれしいのかがわかるでしょう。

それを自分でわかっているかどうかは大きいと思います。
これはチャットレディのお仕事をしていく上でも非常に重要なポイントです。
女性は自分のキャラクターや趣味、嗜好を見えやすくすればいいのです。

そんなふうにはっきりとわかりやすく、男性が介入する余地のある女性。
そして、何かしてあげられると思える女性。
それが「誘いやすい女性」「誘われやすい女性」と言えるのではないでしょうか。

「誘われやすさ」はチャットレディのお仕事の上ではイコール「報酬」に繋がると言っても過言ではないので、今回お話した内容をしっかりと頭に入れて接客してみてください。

誘われやすくなる為の極上の「会話」テクニック!

ここからは、男性の心に響く、極上の会話テクニックについて触れていきます。

男性は「女性のひと言」で、心を動かせることがあります。
会話の中で「えーーっ」と、相手の気持ちを大きく揺らします。
それが、相手のあなたの見る目が変わり、親近感をもたらします。

男性が「楽しい」と思える会話は基本です。
相手の話を熱心に聞くことから始めて、会話のノリやリズムをつかみ気持ちを合わせていきそして、「男性は褒められる」ということに、心地よさを感じます。

その褒め方も、単に感嘆語で片付けるのは禁物です。
あまりはしゃぎすぎる女性は、男性にはあまり良い印象を与えません。
コツは、的を絞って、他の女性とは違う着眼点で褒めるのがポイントです。

それ以外にも、相手のメンタルに触れてみるとか真面目な話題を出してみるという方法もあります。
そんな話題で、男性との距離が近づいたらラッキーですよね。

会話で一番大事なのは「間」かもしれません。
」が怖いからと、やたらおしゃべりをしてしまっては男性は引いてしまうかもしれません。

自分の魅力をわかってもらう前に会話が終わってしまっては残念すぎます。
急に黙ってうつむいてみる、意識的にこんな場面を作ってみてはいかがでしょうか。

熱心に男性の話を聞く
相手が話してるときは、熱心に目を見つめて話を聞く
興味がない話でも「おもしろそう、興味が湧いてきた」という雰囲気をだしてみてください。

ポイントを絞ってほめる
周りから言われなれていないところを見つけ出す
「私はあなたのこんなところが素敵だと思うなぁ」と他の女性とは違うことをアピールする。
意外な着眼点に男性は好感を持ってくれます。

相手のメンタルにふれてみる
タイミングを計って、相手の精神面に踏み込んでみる
「一生懸命頑張ってるんですね」という言葉だけで、自分をわかってくれると思う男性がいるはずです。
この話題はデリケートな話題になりがちなので、相手の様子を見ながらするのが重要です。

真面目な話には真剣に聞く
相手が真面目に話し出したら、そこから相手が何を大事にしているかわかるはずです
それを探って、そんな考え方を「尊敬できる」と伝えるのが大切です。

そして、自分も真面目な話をしてアドバイスを貰ったら最大の敬意と感謝を表わしましょう。
自分をさらけ出すことでお互いの信頼関係が生まれます。

これらのことは男女関係に関わらず、日常の中でも必要なことかもしれません。
友人や家族との会話はついついおざなりになりがちでそす。

言葉や態度で表わさなくても...なんて思ってしまっています。
改めて意識して会話をしてみたら、友人や家族の関係もより一層も良くなるかもしれません。
スタンプで会話することが多い時代ですが、会って会話を弾ませるのもストレス発散になりますよ^^

これからは、誘ってもらえる女性になる為に、お世辞と思われないような褒め方などについて書いていきます。

お世辞と思われない「褒め言葉」のポイント

想像以上に喜ばれる「ほめ言葉」

福岡チャットレディセオリーの皆さんは、どんな風に相手から褒められると嬉しくなりますか?

人から褒められると嬉しくなるというのは、人間の自然な感情の流れです。
もし、意中の人に気に入られたいと想ったら、相手を褒めて喜ばす。
これが、もっとも手っ取り早い方法です。

しかし、それが見え見えのお世辞となると逆効果
せっかく相手を喜ばせるために褒めるのですから、言葉をよく吟味して褒めてあげましょう。
これはチャットレディのお仕事の上でもかなり重要なポイントとなってきますので、しっかりと頭に入れておいてくださいね。

では、どういった言葉を使って褒めるのがもっとも効果的なのでしょうか。

例えば、美人な女性に「キレイですね」、又は仕事が出来る男性に「有能なんですね」。
このようなストレートな物言いで相手はそれなりに喜ぶでしょう。

でも強く印象づけることはできません。
場合によっては、とりあえずのお世辞と思われる可能性があります。

それよりも「目元が俳優っぽいですよね」「○○さんといると楽しいです」。
こんな曖昧な表現で褒める方が効果はUPします。
人はストレートな言葉より、少しひねった曖昧な表現の方が心に入り込みます

ひねった曖昧な言葉で表現されると「これはどう解釈すればいいだろう」と考えを巡します。
その為、強く印象に残るのです。

また、曖昧な表現を使うと、見え透いたお世辞という雰囲気を感じさせません。
よりリアルに聞こえ大きなメリットになります。

曖昧な表現では、褒められてるいること自体に気づかないのではないか?
そう思う人もいるでしょうが心配は無用です。

良い意味にも悪い意味にも取れるような表現で自身について形容されたなら...。
人は自分に都合のいい方向で解釈する傾向があります

例えば「目元が俳優っぽい」と言われたことで勝手に想像を広げます。
自分が理想と思う俳優の名前を浮かべて大喜び、といった展開が期待できます。
ただし、いかに「曖昧な表現」とはいえ、わかりづらい表現では、褒めていることになりません。

ある程度親しい関係になってから褒める

初対面のとき、お互いに緊張しています。
相手がどのような人柄かわからないので身構えてしまいます。
しかし、何度か会話をしているうちに、気心が知れてきて、それほど緊張しなくなり少しは話しやすくなってきます。

相手を褒めるのは、そうやって、お互いに緊張しなくなってからの方がよいと思います。
これは勿論、チャットレディのお仕事にも同じことが言えます。
見た目の褒め言葉ならば前述のような感じでもよいかもしれません。
内面的な部分に関しては時間がある程度必要なのは当然です。

出会ってすぐに相手を褒めることは悪いことではありません。
でも、お互いに緊張しない間柄になってから、相手を褒めても遅くはないとおもいます。
どうしても初対面で褒めるときには「何十分か経過して」から褒めることをオススメします。

褒めて「聞き役上手」になる

福岡チャットレディセオリーのチャットレディの皆さんは、「話し役」になることが多いですか?
それとも「聞き役」になることが多いですか?昔からよく、

「話し上手は聞き上手」と言われます。
自分のことを一方的にしゃべるのではなく、しっかりと相手の話に耳を傾けることが大事です。

それが出来てこそ「会話」が成り立つということでしょう。
自分だけしゃべっていたのでは、会話ではなく単なる言葉の押し付けです。
相手の話を聞くことには、単に会話を成立させるという以外に、大切な役割があります。

それは「ありのままの相手を受け入れる」ということです。
相手の話にじっと耳を傾け、余計な口を挟まず、最後まで話を聞いてあげる。
これだけで相手は「自分を受け入れてくれてるんだ」と安心して、心を開くことが出来ます

言うべきことがあれば、相手の話が終わってから、ひと呼吸おいて自分の考えを伝える。
途中で相手の話をさえぎってしまえば、相手は強くストレスを抱えることになってしまいがちです。

「話すのが上手な人」として挙げるのは、大抵が軽妙なトークが得意のお笑いタレントです。
または、マシンガントークを得意とするようなテレビキャスターだったりするものです。
しかし、私たち一般人にあのような話芸は必要ありません。

たとえ「話す」のが苦手であっても「聞くことが上手であれば、それは会話の上級者です
あなたが相手の話を聞き、さえぎったり批判したりせず最後まで相手の声に耳を傾けるのです。

仮にあなたが「でも、私はこう思う」と自分の考えを語りだしたとき。
そんな場面になっても、相手はしっかりと聞いてくれます。
お互いの深い信頼関係のもと、確かな会話が交わされるのです。

友達同士で集まったとき、テンポのよい会話についていけない。
自分が、鈍くさい人と思われる気がするかもしれません。

しかし、そうした場であなたがしっかり周囲の話を聞くことができたなら必ずその「存在感」がクローズアップされます。

ちゃんと聞いてくれるのは彼女だけだ
誰もがあなたをそう評価し、あなたに対して絶大な信頼を抱いてくれるようになるはずです。
これはチャットレディのお仕事の上でも同じことが言えます。

聞き役に回ることは、最初は苦しいかもしれません。

忘れてはいけないのは、会話とは決して相手を言い負かさす、討論の場ではないということです。
言い負かそう、自分の考えを押し付けよう、相手を屈服させよう、そう考えるのは間違いなのです。

相手の考えを受け入れる。その人の人格を受け入れる。
そして自分の考えを受け入れてもらう。

互いの考えに違いがあったとしても、当たり前です。
「私たちは違う考えを持っているんだ」という事実こそを共有するのです。
それが、交わすべき会話であり、結ぶべき関係になるのではないでしょうか。

今回お話したことをしっかりと頭に入れて接客していきましょう^^

新着記事

Image copyrights