Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

ライティングテクニック^^

高収入福岡チャットレディセオリースタッフです。

今回は、綺麗に映す照明の事について書いていきます。

今,流行しているInstagramYoutube
こういったSNSや動画サイトでは、日々様々なジャンルの写真や画像、動画が投稿されています。


チャットレディのお仕事も、どれだけ綺麗な映像を映すか、どれだけ印象に残るサムネイル画像を使うか、がとても大切です。

インスタグラマーやユーチューバーと呼ばれる人たちは、映える写真を撮るのが非常に上手です。

ただ写真を撮るのだけではなく、見栄えを良くするために工夫をされています。

そんなインスタグラマーのように、素敵に撮りたいスマホでの写真撮影。

夜間での撮影で顔が暗くなってしまったり、目が光ってしまったりという経験はありませんか?

せっかく撮るのであれば、失敗せずに綺麗に撮りたいですよね。

スマートフォン用に、インスタ映えさせるための照明アイテムがあるんです。

これを使えば、時間や場所を選ばず素敵な写真を撮ることができ、インスタグラマーの方々と同じ条件で撮影することができます。

もちろん、フクオカチャットレディセオリーのお部屋には専用の照明器具があり、サムネイルも、スタッフが加工もします。

ただ、普段のブログにアップロードする写真は?在宅勤務した場合の照明は?

そういった際でも、お金や手間をかけずに、簡単にインスタ映えする写真が撮れるスマホ用の照明や加工について紹介していきます。

ご自分で利用されている、SNSにも活用できますので参考にしてください^^

写真における照明の大切さは、インスタグラムは、撮った写真をその場で世界中の方々と共有ができるツールです。

また、今ではプロのカメラマンに引け劣らない人や、それを職業にするようなインスタグラマーも数多く存在します。

写真や動画を綺麗に魅せるためには、やはり何よりも照明が必要なんです。

照明効果を使えば、まるで照明が当たったかのように写真を加工することができます。工夫一つ行えば、もはやスマホがあればお洒落な写真が撮れる時代なのです。

また、自然光はとても明るく、色が自然で、柔らかい光です。

特に、色がない午前中の光は、写真を撮る上で扱いやすい光です。

自然光の入る窓辺にて、後ろからやや斜めの逆光で当たるようにして撮影すると、黒々とした影がなく、明るくて雰囲気の良い写真を撮ることができます。

自撮りをするときも、自然光の方がより良い写真になります。

しかし、今や写真編集アプリやパソコンのソフトを使えば、本当に様々な加工ができるんです。

光、色、を調整するだけで、写真のクオリティは高まります。

意外と知らない、スマホ用ライトの選び方は?

搭載されているライトの数を確認しておきましょう。

搭載されているライト数が多いほど明るくしっかり照らすことができます。

ライトの数から明るさを推測して、より綺麗に写るライトを選びましょう。

ライト部分のサイズが大きく、光量が大きなものほど、明るく照らせる範囲も広くなります。

暗い場所で撮影する場合は、これらの大きなタイプを選ぶといいでしょう。

一般的に、ライトが明るいほど良い写真を撮影できます。

あまりに明るく調整し過ぎると画像が白飛びしてしまって、せっかくの映像が台無しです。

そこで、光量の調節機能がある方が良いです。

ライトの色味などを変えられるものもあります。

写真を撮影する場所に合わせて調節することで、自然に近い光を作り出すことができるため、非常に便利です。

在宅ワークでえらぶライトによっては、光量調整だけができるものや光の種類が豊富なものが良いです。

スマホ用リングライトの接続方式には、「クリップタイプ」と「イヤホンジャックタイプ」の二種類があります。

それぞれの装着方法やメリットとデメリットを把握しておきましょう。

クリップタイプクリップタイプのリングライトは、スマホを挟み込むように固定するのが特徴です。

どんな種類のスマホにも取り付けやすいため、友達と共有したり機種変更しても使えたりと、手軽に使えるのがメリットです。

イヤホンジャックタイプは、スマホに搭載されたイヤホンジャックに差し込んだ状態で使うのが、イヤホンジャックタイプの特徴です。

そのため、このタイプのライトはスマホの幅などに左右されず、画面を傷つけにくいのがメリットです。

しかし、イヤホンジャックの位置によっては使いづらく、そもそもイヤホンジャックが搭載されてない場合には使うことができません。

手持ちのスマホに対応しているかどうか、しっかりとと調べてから購入しましょう。

給電方法はスマホリングをより便利に活用するなら、ライトへの給電方法にも注目してみましょう。充電時間や手軽さなど、ライトを使うシーンに合ったライトを選びましょう。

USBタイプは、USBケーブルを用いた給電方法で、パソコンやモバイルバッテリーなどから手軽に充電できます。

USBアダプターを使用することで、給電方法が豊富なのでどこでも充電できます。また、バッテリーが軽量なので腕への負担が少ないのも魅力です。

乾電池タイプは、電池を入れるだけですぐに使えるのが魅力のタイプです。

乾電池が切れてもすぐに補充出来るため充電を待つ時間が必要なくらず、充電忘れもありません。交換用の乾電池を用意しておけば、旅先などでも活用できます。

加工の用語や意味は、普段から何気なく加工・編集して投稿をしていると思いますが、ここでは改めて、加工についてそれぞれの用語と特徴を大まかに見ていきましょう。

カラーと色調の微調整は、写真の明るさやコントラスト、カラーなどを調整することができます。

参考までにインスタグラムの主な加工機能

明るさ:写真の明暗を変える

コントラスト:明暗差と色彩の比率を調節する

暖かさ:写真全体の温度を調節する

彩度:色の濃さを表す数値であり、色彩に強弱を付ける

ストラクチャ:被写体の質感と輪郭を調節する

フェード:靄がかかったような加工

ビネット:写真の四隅を暗くする

ティルトシフト:選択した範囲以外のピントをぼかすシャープ:輪郭をくっきりさせます。

高収入福岡チャットレディセオリーの皆さんも照明やwebカメラなどの特徴をつかんでより綺麗に映しましょう^^

新着記事

一人暮らしがしたい☆

専門学校に入って実家から遠いので家を出て部屋を借りて貰ったので、 「生活費とこれからの学費は自分で頑張る」と言ってしまっ

Read More »

一人暮らしがしたい☆

専門学校に入って実家から遠いので家を出て部屋を借りて貰ったので、 「生活費とこれからの学費は自分で頑張る」と言ってしまっ

Read More »

Image copyrights