メールを送っても返信がない・・・どうすれば良い?」

福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

チャットレディのお仕事は、完全歩合制のお仕事です。

つまり、より多くのお客様を獲得した方が、あなたが手元に受け取ることができる報酬がより多くなります。

そのため、様々な方法で自分自身をアピールすることが大切です。

そんな中でも、より注目してアピールをすべきポイントが、アタックメール(営業メール)です。

このブログ記事をご覧の方の中には、「アタックメールを送っても、全然返信が返ってこない…」「頑張って送っているのに、もう止めたい…」と実際悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アタックメールの返信率を上げる方法について、詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

今チャットレディをしていて、より多くの返信を受け取りチャットに繫げたいという女性は、是非この方法を活用してみて下さいね!

目次

男性が返信したくなるようなアタックメールの書き方

では、さっそくそのポイントを押さえていきましょう。コツさ分かれば、より効果的にアタックメール(営業メール)として機能します。

メールの件名・見出しを書く

男性がメッセージ受信の通知を見たときに、思わず読みたくなるような件名・見出しを意識しましょう。

普段私たちが使用するメール機能に関してはもちろんですが、ライブチャットサイトが独自に提供している専用のメール機能においても、必ずメールの件名が設定できるようになっています。

男性ユーザーのサイトのメール受信箱には、毎日数えきれないほどのチャットレディからのアタックメールが届いています。

ログイン中のユーザーに関しては特に、より多くのメールが送られてきます。

そんな中、何の件名も書かれていないメールは、男性側からしてみれば読もうという気持ちが起きにくいものです。

コツとしては、確実に読んでもらえるような、相手にあなたのことが伝わりやすいように具体的な件名を書くことが大切です。

(例文)

件名:誰かと話したくてログインしました!チャット待ってます♪

件名:〇〇さんへ 今日はチャットしてくれてありがとうございます♡

件名:○○です!昨日はお話しできて嬉しかったよ~!

このように、チャットレディとして男性ユーザーにメールを送る場合は、必ず件名を記入するように心掛けてみましょう!

挨拶を忘れない

人として当然なのに、メールとなると忘れがちなのは挨拶です。

ついついテンプレで「こんにちは」として送ってしまいがちかもしれませんが、「おはようございます」「こんばんは」といったように、日昼夜でそれぞれ丁寧に使い分けましょう。

また、初めてメールを送信する人に関しては、「初めまして」から始めるようにしましょう!

相手の名前を呼んでみる

アタックメールの文章中には、相手の名前を書き入れるようにしましょう。そうすることで、メール本文の内容がテンプレであったとしても、一括で送っているという印象が薄くなり、男性ユーザーに対して特別感を与えることができます。

(例文)

○○さんって、お休みは何して過ごしているんですか?

さっきは〇〇さんが遊びに来てくれて、とっても嬉しかったです♡

今日はありがとうございました!○○さんとまたお話ししたいな~!

もちろん文章の長さにもよりますが、メールの件名も含めて2~3回程度入れることができると、より効果があるのは間違いないでしょう。

相手の呼び方として無難なものは、下の名前にさん付けです。

何度もやり取りしている常連さんに対しては、実際にチャット中呼んでいる呼び方を心掛けることで、特別感を与えることができます。

自己紹介文は短く簡潔に纏める

初めて会話をする男性ユーザーに対して初メールを送る場合、あなたのことをより知ってもらうための自己紹介をすることは大切です。

名前と年齢、副業チャットレディの場合は普段の職業など、簡潔に纏めて書きましょう。

プロフィールを見る前に、ある程度あなたがどのような女性かといったことが分かるように自己紹介してくれるしかし、あまり長文の自己紹介文になり過ぎないよう、充分に注意しましょう。

(例文)

まだ何も分かっていないのですが、チャットレディを始めてみました。よろしくお願いします!

普段はOLをしている○○です。○○って呼んでください♪

相手の男性ユーザーさんがあなたのことをもっと知りたいと思うような、シンプルかつ分かりやすい自己紹介を心掛けましょう。

いかがでしたか?チャットレディのアタックメール(営業メール)の返信率を上げる方法について、例文も踏まえ、いくつかのポイントをご紹介させて頂きました。

チャットレディ営業メールのテンプレ

チャットレディは、お客様である男性ユーザーと、時には二人きりで会話をすることで高報酬を狙うことができるお仕事です。

そんな中、より高報酬を得るためのテクニックとして、売れっ子チャットレディと言われる女性の多くが実践しているものが、アタックメール(営業メール)を活用する方法です。

チャットレディの中には、このメールを駆使してファンを増やすことで、より高報酬を稼いでいる女性が存在しているのです。

ここからは、売れっ子チャットレディが実際に取り組んでいる、安定して稼ぐことができるようなアタックメールの使い方と、その重要性、そしてテンプレートも交えながら詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

これからチャットレディ業界で働こうと考えている女性や、より多くの報酬を得たいという女性は、是非活用してみて高収入につなげて下さいね!

そもそもアタックメールとは?

では、そもそもアタックメールとは何なのでしょうか?聞き慣れない方も多いと思います。

アタックメールとは、男性ユーザーに送る営業メールのことです。

そして、ライブチャット業界におけるアタックメールとは、男性ユーザーに多くの回数チャットへ足を運んでもらうために、チャットレディ側から送る営業メールの総称を指します。

上手く活用すれば、チャットレディのお仕事を効率化できたり、獲得報酬を底上げできたりするので、是非活用して欲しいテクニックです。

チャットレディの報酬に直結する、大事なツールなのです。

アタックメールを送る目的 ~その必要性とは?~

チャットレディにとってのアタックメールの運用目的は、お客様である男性ユーザーの興味を惹いて、チャットに来てお金を落としてもらうために誘導することです。

メールのやりとりだけでも1メール十円などといったように報酬が発生するライブチャットサイトもありますが、より効率良く稼ぎたいのであれば、待機時間を少なくして、男性ユーザーにチャットに足を運んでもらうことが大切です。

アタックメール(営業メール)を上手に使いこなせば、待機時間が30分や1時間以上などの待機地獄に陥ることも少なくなります。待機時間に費やしていた時間がしっかりと稼働することで、より高報酬を狙うことができます。

もちろん、メールのやりとりだけで地道にお金が稼げるライブチャットサイトも中にはありますが、高報酬を稼ごうと思うのであれば、やはり男性ユーザーにチャットに来てもらうことが一番手っ取り早いです。

そのためには、サイトのメール機能や、サイト提供のメッセージアプリなどを駆使しましょう。

また、注目されやすい新人期間が終わっても、安定して稼ぐことができるようになります。

チャットレディ向けのアタックメールの書き方 ~実際に送ってみよう!~

アタックメールについてしっかり理解したら、実際にアタックメールを書いてみましょう。文章内容としては、もちろん人によってそれぞれ様々ですので、絵文字など個性を出すことも良いでしょう。しかし、コツをおさえて書けば、より効果的にアタックメール(営業メール)として機能します。

文字数

文字数に関しては、凡そ100~200文字くらいが理想的です。短過ぎるメールもマイナスな印象を与えてしまいますが、かといって長過ぎても、読むときにお客様が面倒だと感じてしまいます。

文字数を多くしてメールを送信するよりも、送信回数や返信速度を重要視しましょう。

メール口調

未だチャットをしたことない人や、関係性の浅い人に関しては、まずは礼儀として「ですます」の丁寧語が良いでしょう。

対して、何度もチャットしている常連のお客様に送信する場合は、その人とチャットしている時の口調で書いた方が、より親密な雰囲気を演出できるため良いでしょう。

書き始め

メールの書き始めは、簡単な挨拶を書いておくことが理想です。

(例文)こんにちは!/初めまして♪/お元気ですか?

このように簡単なもので大丈夫です。あまり長々書かないのが、アタックメールを送信する際のコツです。

挨拶を簡単にすませた後なら、本文もスムーズに書き出すことができます。

絵文字

メールの文章は、絵文字を使って女子らしさをアピールしましょう。

もちろん、使い過ぎも良くないですが、全く絵文字を使わないメールの文面は、少し寂しい印象を与えてしまいます。

そのため、適度に絵文字を活用するようにしましょう。

送信頻度

一人の男性ユーザーに対して、一日に何十通もメールを返信していたら、それだけ会話が成立してしまい、男性側は満足してしまいます。

そのため、「チャットに行ってあの子と話したい!」という気持ちを阻害してしまいます。男性ユーザー一人辺りに対して1~3通程度で良いでしょう。

返信速度

男性ユーザーから届いたメールへの返信は、速度重視でスピーディーに返すようにしましょう。

ただし、チャットに来る見込みが薄い雰囲気のあるメールについては、無視しても大丈夫です。

また、チャットした後は、来てくれたお客様に対してお礼メールを送るのが基本です。

このお礼メールですが、チャット後、あまり時間が開かないうちに送信するようにしましょう。

理想としては、できれば数時間以内に送ることです。

特に、初めてチャットに来てくれたお客様や、付き合いの浅い男性ユーザーに関しては、メール返信をなるべく早くすることを心掛けてみて下さいね!

どんな男性ユーザーへメールを送ればいいの?

チャットレディがアタックメールを送る際は、お客様の種類を以下のように分類する意識を持ってメールを送信しましょう。

・まだ話をしたことがない男性ユーザー

・既に話をしたことがある男性ユーザー(お礼メール)

・既に話をしたことがあるが、最近チャットに来ない男性ユーザー

こうして分類して考えることで、一人ひとりに対してメールを送信する際に、必要以上に悩むことがなくなります。

チャットレディ向けのアタックメールの書き方 ~簡単なテンプレ~

では、アタックメールについてしっかり理解したら、実際にアタックメールを書いてみましょう。コツをおされば、より効果的にアタックメールとして機能します。

ここでは、押さえておくべきポイントと同時に簡単なテンプレについて、ご紹介させて頂きます。

メールの件名は必ず入力する

ライブチャットサイトが独自に提供している専用のメール機能においても、メールの件名が設定できるようになっています。

メールの件名は、正直「普段から使わないから面倒臭い」であったり、また「忘れちゃいそう…」という方も少なからずいらっしゃると思います。

SNSが発達したチャット世代の人たちからしてみれば、特に感じることでしょう。

しかし、チャットレディとして男性ユーザーにメールする場合は、必ず件名を記入するように心掛けてみましょう。

(例文)

件名:〇〇さんへ 昨日はお話してくれてありがとうございます♡

件名:今日△時から是非チャットに来て下さい♪

件名:○○です!昨日はお話しできて嬉しかったよ~!

男性ユーザーの受信箱には、毎日たくさんのチャットレディからのアタックメールが届きます。

そんな中、何の題名もないメールは、男性側からしてみれば「読んでみようかな」という気持ちが起きにくいものです。せっかく頑張ってメールを作成しているのにもかかわらず、スルーされてしまうだなんて、時間も手間も損ですよね。

確実に読んでもらうために、相手に内容が伝わりやすいように具体的な件名を書くようにしましょう。

相手の名前を呼ぶ

アタックメールの文章中には、相手の名前を書き入れるようにしましょう。そうすることで、例えメール本文がテンプレであったとしても、一括で送るような営業の雰囲気が薄くなり、相手に対して特別感を与えることができます。

(例文)

さっきは〇〇さんが遊びに来てくれて嬉しかったです♡

○○さんとまたお話ししたいです!今日はありがとうございました♪

文章の長さにもよりますが、メールの件名も含めて数回程度入れることができると、より効果があるでしょう。

相手の呼び方として無難なものは、下の名前にさん付けする呼び方です。

初対面の方や未だ馴染みの薄い男性ユーザーに対しては、名前を書く時は普通のさん付けで記載すると良いでしょう。

対する何度もやり取りして気心が知れている常連さんに対しては、実際にチャット中に呼んでいる呼び方で呼びましょう!

また、チャット中の話の展開で呼び名としての渾名などを作った場合は、その時の呼び名で記載してみてください。

二人だけの秘密の呼び方で名前を呼び合うことで、相手により親近感を与えることができます。

アタックメールを送る優先順位とは? ~そのテンプレも見てみよう!~

実は、アタックメールを送るには、優先順位があることをご存知でしょうか?男性ユーザーの集客に効果があるためとはいっても、誰かれかまわずアタックメールを送ることは、正直時間と労力が無駄になってしまいます。

もちろん、メールの送信相手としては、より効果の期待がある男性ユーザーを選んで、ピンポイントで送った方が、効率良く効果を得ることができます。

ここでは、アタックメールを送る際の優先順位について、テンプレも交えて具体的にお伝えさせて頂きたいと思います。

今現在ログイン中の常連客

ライブチャットサイトにログインすると、サイトによってはですが、登録している男性ユーザーがログイン中かを判別できる機能が備えられています。

それらを利用して、以前から自分自身のチャットに足を運んでくれているログイン中の男性ユーザーを探してメール送信することで、自分が今ちょうどチャットすることができる状態にあることを伝えて、チャットへと誘導することができます。

現在進行形でチャットにログインをしている男性ユーザーは、自分とのチャットに足を運んでくれる可能性がより高いお客様にあたるため、一番優先してメールを送信していきましょう!

(例文)

【件名】○○さんログインされていますか?

こんにちは!

今ログインしたら、○○さんがログインしているのを偶然見つけちゃいました!

この間お話していた△△の音楽、ちょうど昨日聴きました!もしも良かったら、是非○○さんと感想をお話ししたいな♪

ポイントをよく使ってくれる常連客

現在進行形でチャットにログインしていなくても、普段から多くのポイントを落としてくれる男性ユーザーも、より優先してアタックメールを送るべき対象になります。

ポイントを多く使ってくれるということは、ポイントを使う量の少ない男性ユーザーよりも、チャットレディと話しをすること自体へのハードルが低いということが分かります。

そのため、一度声を掛けてみることで、ふらっとチャットしに来てくれることになる可能性も高いです。また、チャットに来てくれたら、いつものように多くのポイントを使ってもらえることが予想できます。

このようないわゆる太客と呼ばれるお客様に対しては、定期的に丁寧なアタックメールを送り続けて、競争の激しいチャットレディ業界において大切となる、お客様の囲い込みをしておく必要があります。

(例文)

【件名】今日は暖かいですが、○○さんはいつもの草野球ですか?

こんにちは!今日は暖かいので、朝お家でサンドイッチを作って、公園に散歩に行きました!

今日の夜、○○さんとお話ししたいと思って、メールしちゃいました…。今日は忙しいかな(´;ω;`)

チャットに来てくれる見込みのある男性ユーザー

男性ユーザーの中には、チャットに来る前にメールをして下さる方も大勢いらっしゃいます。

もちろん、メールを送信してくれる男性ユーザーの中には、不特定多数の女性に同じ内容のメールを送りつけている場合など、チャットに足を運んで下さる見込みの少ないお客様もいます。

しかし、メールの本文を読んでみると、そうではない人が必ずいらっしゃいます。

あなたのプロフィールを読んでサムネを見た上でメールを送って下さった男性であれば、チャットに誘導できる可能性があるかもしれません。

そんなメールには、必ず返信を返すことを徹底させましょう。

(例文)

【件名】○○さん メールをありがとうございます!

初めまして。○○といいます。

メールを頂けて嬉しいです!ありがとうございます♪

○○さんのプロフィールにも音楽が好きってに書いてあるので、是非今おススメの音楽やバンドを教えて欲しいです!いつお話しできますか?

また、チャット中の話の展開で呼び名としての渾名などを作った場合は、その時の呼び名で記載してみてください。

二人だけの秘密の呼び方で名前を呼び合うことで、相手により親近感を与えることができます。

メールは男性ユーザーにとってチャット以外で繋がるツールになります。

ちょっとの心遣いのあるメールで嬉しいものです。是非活用して常連さんGETにつなげてください。^_^

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる