「唇」で表情美人になる^^

目次

美人よりモテる表情美人

こんにちは、高収入福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

今回は、表情で綺麗に見えたり可愛い印象を男性に与えたりするという事について書いていきたいと思います。

異性はもちろん、仕事からも運からももてはやされるのが、美人の特権。
でも、美人よりもっとずっと愛されるのは表情美人。
子供のように愛くるしい表情は最強です。
チャットレディの世界でも、人気が高いのは正統派美人よりも表情美人です。

くるくると変わる表情はその人をとても愛らしく見せます。
その上、心の豊かさを感じさせます。
表情は人を魅力的に見せる効力があります。

表情美人とは、人を幸せな気持ちに出来る人であり愛される人です。
逆に注意したいのは、表情が大きい=表情美人ではないことです。
オーバーリアクションだけではなく、子供のような屈託さが重要なのです。

その表情の主役は目のようで、実は口元も重要なパーツです。
口から声が出るのは当たり前ですが、意外に口元を見る人が多い様に思います。
大きく口を開いて笑うのは屈託のないものですが、やはり大人の女性は控えめがいいようです。

でも、あまり口元を見られると「何か付いてる?」と気になるものです。
そう思わないないためにも「魅力的だから見られてる」という自信を唇にも付けてあげましょう。

ぷるんと潤う唇で忘れられない女性になる

メイク前に唇にリップクリームを塗る女性は「わかってる」人です。
顔の主役は、どうしても目だと思われがちですが、実は唇こそ本命。
唇がぷるんと潤っているだけで女性は数倍かわいく見えるのです。

メイク前にお肌を潤わせるのと同じように、唇にもリップクリームは欠かせません
グロスでも口紅でも、塗る前の潤い補給は美女としての必須アイテムです。
ふっくらとした唇は、女性の特権であり、人を引きつけてとりこにする武器でもあります。

内側からぷるんと潤う唇で忘れられない女性になる。
唇のジューシー感は顔の完成度に響きます。

潤った唇になる一番のオススメは、油分の多いリップバームです。
リップクリームよりも厚い膜を作ります。

撮影時するときも、プロのメイクさんが使うのはほとんどこれです。
リップバームで潤いを足したら、その上に色や質感も重ねていきます。

女子向上を狙うなら、旬の赤やオレンジを指でスタンプ塗りしましょう。
内側か色づく感じが今っぽくておしゃれです。
欠かさずポーチにしのばせましょう。

また、唇が厚すぎるから目立たせたくないという方もいます。
厚い唇の色っぽさは魅力的ですが、気になるのならファンデーションで輪郭をぼかしましょう。

そして、色味の少ないグロスや口紅を本当の輪郭より少し内側にさらっと塗ります。
これだけで、さりげない超ビューティーな唇が仕上がります。

きゅんとくる唇にもお手入れが肝心。
専用のスクラブやトリートメントもあります。
でも、いつでも簡単にできるのが、ハチミツと黒砂糖を混ぜたもの。

それで、くるくると小さな円を描くようにマッサージし、ラップを重ねて3分。
とびっきりベビーな唇が出来上がります。

乾燥した唇では、色気や魅力以前の問題です。
今日から、唇を磨いて、無敵の表情美人を目指し、男性会員様の視線を独り占めしちゃいましょう^^

「口元美人」を目指しましょう

自然な笑顔グセをつけるには?「笑顔」についてのお話です。

毎日笑っていますか?
自然に毎日が笑顔でいられる事に越したことはありません。
ストレス社会の中で、「久々に笑った!」ということも少なくないかもしれません。でも「笑う角には福来る」古いことわざではありますが....。
やはり、笑顔でいることは、周りも幸せな気分にさせ、自分自身も幸せな気分になるはず。
そして、どうせ笑うなら若々しく美しい笑顔で笑いましょう♪これからお話することを一週間続けてみてください。
くれぐれも、三日坊主にならないように頑張ってみましょう。

笑い顔と老けた顔と比較する実験がありました。
老けた顔とは、筋肉が下がって口もへの字、不機嫌な顔の状態に似てます。

逆に若い顔というのは肌が張っています。
なので、光の当たる面積が大きく笑顔になったときと非常に近いそうです。

なるべく笑顔でいたほうが、実際に他人からは若く美しく見られるということです。
ただ、笑顔もわざとらしいと不快なものになります。

雑誌のモデルのように自然な笑顔になるには?

口をニッとさせて左右の口の端を指でグッと20秒間押さえれOK。
たったこれだけで、指を離してもしばらくはその笑顔になっているはず。写真を撮る直前にやると、効果テキメンです。
この方法を毎日続けていると、次第にいつもにこやかな表情でいられるよになります。
待機する直前にやってみるのもいいかもしれませんね。

ペンを口に加えて文字を書く
口角が下がっていると顔全体が老けてみえたり、意地悪そうな印象を与えてしまいます。
そこで、口角を鍛えて、エレガントで美しい口元に変身しましょう。

まず、太目のボールペンを唇でしっかりとくわえます
ポイントは、上下の唇ではさむのではなく、左右の口角の力で強く挟み込むこと
次に、口にくわえたボールペンで紙に円を書いていきましょう

ペンを落とさないで最後まで描けるように練習してみましょう。
すると一週間もすると口角が引き締まってきます。

若く見える唇とは?

リップライナーで口角をアップ
リップライナーを描くときは、意識して口角をキュッと上げるように
唇やその周りは乾燥しやすいので、こまめに保湿を心掛けましょう。

ふっくら唇にしたいときは?

グロスや明るめな色使いで立体効果をねらう
リップラインはやや大きめにして、山をなだらかに描きます。中央に塗った色より一段明るいカラーやグロスを重ねる
立体感が出て、ふっくら唇になります。せっかく口角の上がった笑顔や魅力的な唇を演出しても荒れていては台無し。
唇ががさがさになってしまったときのケアーの方法はこれがオススメ。

リップとラップで潤い復活!
唇に厚めにリップクリームを塗ります

唇の大きさに切ったラップを唇に貼り付けます
ラップをつけたまま少し口をあけて、かみそりで口のところに穴をあけます。

こうすることでしゃべるために必要な場所まで自然と切込みが広がります。
そのままで5分ほどキープしましょう。ちなみに、かみそりで穴を開けるときには注意してくださいね。
せっかくの口元ケアーで傷を付けたら話になりませんから。
口角の上がった笑顔に魅力的な唇を得るために早速、実践してみてください。

今や!自撮りの時代、毎日口元を写して変化を観察してみてはいかがでしょうか

今回、書いたこと是非、参考にして報酬UPに繋げてください。!(^^)!

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる