Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

現在育児中で子供がいてもチャットレディは出来る?

福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

小さなお子さんがいらっしゃる方や母子家庭のおたくでは、「育児にお金がかかりすぎてやりくりが大変…」「今のお給料だけじゃ足りない」という方が多いのではないでしょうか。

少しでも家計が楽になるようにお仕事に出掛けるにしても、お子さんの面倒を見るのに精一杯なのではないでしょうか。

チャットレディはオフィスでも在宅でもできるお仕事として現在スポットライトを浴びることが増えてきました。

その中で、「子どもがいてもこのお仕事ってできるの?」と疑問に思う方も多いと思います。

そんな疑問にお答えすべく、今回チャットレディについて3つの観点からご紹介していきたいと思います!

①時間に余裕ができる

例えば保育所に通うお子さんがいる家庭では、子どもの家を出る準備・保育所に送り迎え・洗濯や料理、掃除などの家事をしなくてはなりません。

そうなると、忙しくてパートに出掛ける暇もないのではないでしょうか。

子どもを保育所に送った後や、家事に一区切り付いた時のスキマ時間でチャットレディはお仕事出来てしまうんです。

チャットレディではどれだけ働かなくてはいけないのか限度は決まっていないので、自分のできる範囲で無理なくお仕事ができることが特徴的であり、時間に追われることがないので心に余裕が出来ますよね。

在宅でチャットレディをする上で、今までお仕事するのに欠かせなかった通勤時間が無くなりスキマ時間が増えることも特徴です。

また、チャットレディはパソコンを使ってお仕事をするイメージがあると思うのですが、今ではスマートフォンやタブレットをデバイスとして使うことも可能になり、よりチャットレディというお仕事をしやすくなっています。

子どものいない時間にお仕事をするとなると、昼間では夜に比べてお客さんの入りが少ないのではと心配になるかも知れませんが、そもそも昼間にお仕事するチャットレディの方が少ないため夜間にお仕事して稼ぐのと何ら変わりはありません。

②シフトは自分次第

小さなお子さんは好奇心旺盛でいつ何をするのか分からなく、体調の変化が激しかったりしますよね。

昨日までは元気にけろっとしていたのに、朝になってから熱やじんましんが出て看病したり病院に連れて行ったり、と目を離せないことが多いと思います。

そんな急なお子さんの体調に合わせられるのがチャットレディの強みなんです。チャットレディではシフトがありません。

シフトがなく誰かに休むことを報告する必要も無いので、普通の会社のように欠勤するために誰かに仕事を変わってもらうこともないのです。

また、欠勤したことで誰かに嫌みを言われることもありませんし、自分の都合の良いタイミングでお仕事に戻ることも出来るので、お子さんを持つママさんにはとてもしやすいお仕事ではないのでしょうか?

ストレスのかからない仕事環境は誰にとっても夢のようですよね。

③Wワークにもってこい

昔は専業主婦が多かったですが、今では夫の稼ぎでは生活していくには不安定であり、10人に7人は専業主婦を辞めパートなどで働いているのが現状です。

最近の働き方として本業とは別に自分の趣味を武器に副業をする「Wワーク」が主流になっていますが、通勤時間や勤務時間が増えることを懸念し融通の利きやすい在宅ワークとしてチャットレディを選ぶ方も少なくはありません。

しかし、本業と副業のWワークは誰でも簡単にできるわけではありません。

予定や自分の体調のこともあるので、単純に労働時間が増えると心がしんどくなってしまいます。

ですが、できるだけ軽い気持ちでお仕事に望めるチャットレディは副業に向いてると言えるのではないでしょうか。

また、チャットレディの報酬は分単位で増えていくのでスキマ時間でもしっかり稼ぐことができ、昼間は本業に専念し夜になってから空いた時間にお客様とメールや通話をしたり、本業の休みの日にチャットレディをがっつりして稼ぐことも可能ですよ!

そして、「子どもがいる」ということが大抵の職業で足かせになってしまうことはありませんか?

チャットレディでは清楚系・ギャル系・お姉さん系など色んなジャンルで売っており人妻系として需要はとてもあるので、未婚の方がお客さんがつきやすいのかと心配する必要は全くありません。

いかがでしたか?他のお仕事に比べて、子どもがいても働きやすいお仕事であることを理解していただけると嬉しいです。

ぜひチャットレディで楽しくお仕事してみませんか?

福岡チャットレディセオリーのスタッフになんでもご相談ください。

貴女の生活環境に合ったお仕事の仕方を提案いたします。(*^^)v

新着記事

Image copyrights