Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

男性が求める「女性の条件」!

[優しさ、可愛らしさ、女らしさ]

こんにちは、高収入チャットレディセオリー福岡のスタッフです。

チャットレディセオリーの皆さんは、男性があなたに求めているのは何なのか、考えたことがありますか?
異性に何かを求めるのはそれぞれに違ってくるかもしれません。
でも、男性たちが共通して必ず女性に求めているものがあります。

それは優しさと可愛らしさと女らしさです。
このどれかでも求めていないという男性がいたら「変わり者!」
と言っていいほど、ほとんどの男性が女性に求めているでしょう。

「もうわかり切ってる!」と思った女性も、復習の意味で再確認してみてくださいね。
たとえば、パンツルックでデートに出かけたり、髪を短く切りすぎてしまった。
または、流行の男の子言葉を使ったりすると男性の機嫌が悪くなるのはこのためなんです。

可愛らしさや女らしさは外見だけではありませんが男性は目でもそれを楽しみたいと思っているのです。

そして、男性が「彼女のどこが好きになったの?」と聞かれて答える言葉。
それは、口をそろえて「優しいところ」と答えます。
女性ならではの優しさにふれることが、男性にとって最も求めている部分だからです。

あなたが少々わがままで浪費家で皮肉屋だったとします。
でも、相手にとってこの上なく優しい女性だったら、そんなことは吹き飛んでしまいます。

男性は優しさについてとても敏感です
あなたの相手に対しての優しさと、他の人に対する優しさがどんな風に違うかまで見ています。
彼にだけ優しさを見せようとしても、日常のあなたの振る舞いで見抜いてしまっています。

特に彼と一緒にいる時は不自然にではなく、とっさに優しさが出せる女性であることが理想です。
あなたが優しくて可愛らしくて女らしいのなら、それだけで男性に好かれる価値があるのです。

これはチャットレディのお仕事をしていく上でも非常に大事なポイントとなってくるので、しっかりと頭に入れておいてください。

そして今後のチャットに役立ててくださいね。^^

男性は気立ての良さにも弱い

気立ての良さとは?
自分にも他人にも肯定的な信頼感を持つ。
自分の気持ちと他人の気持ちを共に大切にする。

思いやりがあり、困っている人に手を差し伸べ、弱者をいたわる。
たとえ失敗しても、自分の非を素直に認め、成功に向けて努力する。
「この世で生きてるいるものは、すべて価値あるものだ」という人生観が基本になっている。

他人の幸福も自分のことのように喜べる人は、男女問わず好かれる人です
「気立てのいい女性」男性は常にこのタイプに弱いのです。

気立ての良さとは、幼い頃の親から愛された体験で培われるともいえます。
優しさ、可愛さ、女らしさに気立ての良さ....。
「女性はこんなに努力しなければいけないの?」と悲鳴を上げてしまいます。

でも、本命の男性が現れたなら、必然的に備わって行くのではないでしょうか。
男性も「女性が求める」男性になるための努力を積んでいると思います。

今日お話した内容はチャットレディのお仕事をしていく上でも、勿論プライベートでも非常に使える内容となっておりますので、しっかり読み込むことをオススメします!

共感力=好感度

男性が求める女性の条件に関連してここからは、好感度アップの裏技も少し話していきたいと思います。

「会話相手の好感度を上げたい!」という人にはお勧めのテクニックです。
性別や年齢に関係なく簡単に実践できます。
チャットレディさんは必見の内容となっておりますので、是非最後まで読んでいってくださいね。

実は会話の中で好感度を上げるには、相手の話に共感や同意を示すだけでいいのです。

人は誰でも他者に理解され、認められたいという欲求を持っています。
また、自分の主張は正しいと考えていて、聞き手に賛同して欲しいとも思っているのです。
これは性格の問題ではなく、誰にでも備わっている本能です。

この本能は、共感し、同意してくれる人間を味方だと思い好意を抱くように出来てます。
ですからこの本能に、言葉で寄り添うだけで、確実に自分の好感度を上げる事が出来るのです。
具体的にどうすれば良いのでしょうか?

会話の聞き役になってる場合

「わかります」「本当にそうですよね」といったあいづちを挟んでいくようにしましょう。
「私もそう思います」「同じ事を考えていました」といった言葉も非常に効果があります。
さらに、相手の主張を補強するような話を自分が続ければお互いに連帯感が生まれます。

そのことが、より親密な人間関係に発展させる足がかりとなるでしょう。
「共感力」を上げれば上げる程、会話相手からの好感度も上がっていくのです。
あからさまなご機嫌取りは相手を警戒させてしまいます。

いかに自分も同じように考えているか、大袈裟になりすぎないように注意しましょう。

話し手にも必要な[共感力]

自分が話し手になって何か主張する場合は、聞き手の共感や同意を確認しながら話すよう心がけましょう。
感情や認識を共有すれば聞き手との距離を縮められます。
確認しながら話す事で、自分だけしゃべり続けるという事態を予防できます。

話の最後に「そう思わない?」「そうだよね?」といった言葉をいれ相手の共感や同意を確かめる。
あいづちのタイミングが遅い言葉に否定的なニュアンスを感じる。
この場合、同意や共感を無理強いするように言葉を重ねる事は絶対にやめておきましょう。そこで強引に共感を得たとしても逆効果、言葉とは裏腹に相手の気持ちが離れていってしまいます。
相手が本当に同意しているのか判断するアンテナの感度を上げましょう。
話し手側に必要な「共感力」も意識することが必要です。

会話術とは奥が深いですね。改めて文字にすると、「なるほど」ですが、改善策でもあります。
改善しながら会話を広がっていく=お客様に「安心」して楽しんで頂く。
チャットレディというお仕事で、より一層、これらの事を生かして報酬に繋げていって下さい。

新着記事

メイクの知恵と表情力

メイク上手の下準備♪ こんにちは!福岡チャットレディセオリースタッフです。 今回は「メイクの知恵袋」について書いていきま

Read More »

Image copyrights