チャットレディはどんな印象を持たれているのか

福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

近年、チャットレディの仕事が認知されつつある中でも、まだまだ様々な意見を耳にすることもありますよね。

チャットレディは仕事といえるのか、いやらしい仕事ではないのか…など、多種多様な臆測もあります。

そこで今回は、チャットレディの印象について様々な角度からご紹介していきたいと思います。

目次

チャットレディの一般的な印象は?

チャットレディの仕事は、風俗に似たイメージを持たれることもあり、よく知らない人にとっては、あまり好印象ではないかも知れません。

人によりますが、チャットレディをやっていると堂々と言うことに抵抗を感じる人は多いのではないでしょうか。

彼氏や旦那に言いづらい、打ち明けたらどういう反応をされるのか…など不安で言えない人も多いですよね。

チャットレディとしての重要なこと

しかし、チャットレディの仕事は、日本の法律に則った物であり、犯罪ではありませんので、しっかりとした代理店やサイトであれば、そもそも罪悪感を感じることはないのです。

考え方は人それぞれで異なりますが、本来、健全な職業に分類されます。

悪く捉えられやすいのは、アダルトな面です。

チャットレディは、お客さんに恥ずかしい場面を魅せる、画面上でしか得られない興奮を生み出す、というアダルティな印象が付けられやすいのです。

アダルトな内容を含んで自分の身体を売るという捉え方があります。

しかし、男性に癒しを与える職業という立派な業務にも値します。

チャットレディに偏見を抱く人は、風俗業界をも否定したり、貶したりするのです。

ただ、人間は三大欲求で成り立っている為、男性に性欲がある限り、風俗業界は消滅することはないでしょう。

よって、チャットレディの仕事も大いに需要が生まれ続ける立派な仕事なのです。

チャットレディの仕事をやる目的

様々な捉え方があるチャットレディの仕事ですが、女性もチャットレディの仕事を行う目的をハッキリさせていれば自信を持つことができます。

・養育費
・学費
・整形費用
・結婚資金
・貯金

このように、何の為にお金を稼がなければならないのか、という理由が明確になることで、罪悪感よりも達成感が大きくなり目的の為に頑張れるでしょう。

必ず、何かを実現するための手段であるので、他人の目を気にする必要はありません。

自分以外の人に、仕事をやる理由を理解してもらう必要もなければ、自分の中にしっかりと軸を持つことが何より大切なのです。

チャットレディの罪悪感

では、チャットレディの仕事をしている自分は一体何に対して後ろめたさを抱いているのか…。

・旦那、彼氏
・親
・友達

身の回りの大切な人々が頭に浮かぶ人もいるでしょう。

自分の愛する人に罪悪感を感じながらする仕事は一般的にみたらあまり良いとはいえません。

しかし、罪悪感を感じながらも″チャットレディをやらなくてはいけない理由″があるのならば、その理由を糧に挑戦してみましょう。

リスクや難しさは感じられる仕事ではありますが、稼ぎたいという想いがあるなら、チャットレディは稼ぐのにピッタリです。

短期的でもOK

″一生チャットレディをやる″と考えると億劫になる場合は、″短期的に行う″と視点を変えてみることをオススメします。

期限を儲け、着地点がみえることで心の負担が軽減されることもあるでしょう。

気楽に仕事に取り組んだ方が、良い成果を得られるかもしれません。

人生経験としてプラスに

チャットレディとして多くの男性から指示を集めた、褒められた、癒しを与えられた、これらは自分の財産となり大きな自信となる事は間違い無いでしょう。

この経験は、コミュニケーションを取るチャットレディだからこそ得られる経験です。

多少のリスクも、冒険として捉えられる人は向いているかもしれません。

犯罪を犯しているわけではありませんので、一つの仕事を真っ当している!

と誇りに思って挑戦してみてはいかがでしょうか。

チャットレディが辛いと感じる

それでも、罪悪感を感じる…周りに打ち明けられない…など、仕事を辛く感じている場合、諦めるタイミングかもしれません。

チャットレディは男性を相手にする仕事であり、身を削るシーンもあるかも知れません。

よって、自分を強く保っていた方が楽にできる仕事でもあります。

精神的にも病みやすいと言われているので、不安な人は他の仕事を検討してみることも良いでしょう。

ここまでいかがでしたか?

今回はチャットレディの印象についてご紹介しました。

罪悪感を抱いたり、周囲からの理解を得ることが難しい、など様々な憶測が飛び交う仕事。

しかし、一番大切なことはそれでも働きたい理由を明確にすることです。

なぜチャットレディでなければいけないのか、とハッキリさせることで、自信が生まれることもあります。

もう一度言いますが、他人に仕事をする理由を理解してもらう必要はないのです。

自分の中にしっかりとした「稼ぐんだ」という芯をしっかり持つことが何より大切な事だと私は思います。

誇れる環境で楽しみながら仕事をしてみてください!

きっと結果はついてきます。

私共スタッフがしっかりお手伝いします。

その為にエージェントはあるのですから٩( ‘ω’ )و

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる