チャットレディは在宅と通勤どっちを選ぶべき?メリット・デメリットを紹介

「チャットレディって在宅と通勤どっちがいいの?」

「通勤型と在宅型のメリット・デメリットが知りたい」

このように、現在チャットレディを始めようと考えていて、「通勤型」と「在宅型」のどちらにしようか迷っていませんか?

結論からいえば、チャットレディ初心者は通勤型チャットレディ経験者は在宅型がオススメです。

なぜなら、通勤型は初心者に大きなメリットがあり、一方で経験者の方で既にある程度稼げている人は在宅型に大きなメリットがあるためです。

では具体的にどういったメリット・デメリットなのか。

そこで今回は、チャットレディの2種類の働き方から、それぞれのメリット・デメリット、そして在宅型が向いている人と通勤型が向いている人の特徴について解説していきます。

チャットレディの働き方には、通勤と在宅の2種類があります。

通勤型はチャットルームや高性能なカメラとパソコンなどが完備されているものの、報酬率が在宅型と比べてやや劣ることが特徴です。

一方で在宅型は、自分で配信用のカメラとパソコンを準備するためのコストはかかるものの、通勤型と比べてやや高い報酬を見込めることが強みです。

また、チャットレディとして働く際は、直接契約プロダクション契約がありますが、基本的には「在宅で働く=直接契約」「通勤で働く=プロダクション契約」と考えておきましょう。

では、それぞれどんなメリットがあるのか。以下では在宅と通勤のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

通勤チャットレディのメリット・デメリット

チャットレディするなら通勤?

通勤チャットレディには多くのメリット・デメリットがあります。

今回はその中から特に重大なものをまとめました。

まずは通勤チャットレディのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

通勤チャットレディの3つのメリット

通勤チャットレディには大きく分けて以下3つのメリットがあります。

  • スタッフのサポートを受けられる
  • 働きやすい環境が整っている
  • 身バレなどのトラブルを回避しやすい

ここからは、通勤チャットレディのそれぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

スタッフのサポートを受けられる

通勤チャットレディにおける最も大きなメリットが、「スタッフのサポートを受けられる」ということです。

自分だけでチャットレディとして稼いでいくためには、多くの努力と勉強、試行錯誤が必要です。

しかし、チャットレディの代理店スタッフは、これまで多くのチャットレディを見てきてい稼げる人の特徴を知っているため、その稼げるノウハウを教えてもらえます。

具体的にいえば、男性ユーザーから訪問されやすいプロフィール画像の作り方やプロフィール文章の書き方、固定客をつけやすい配信の仕方などさまざまです。

このように、スタッフのサポートを受けながら働くことで、たくさんの報酬を稼げるチャットレディになれる可能性が高くなります。

またそのほかにも、サイト登録などの手続きを代行してくれたり、チャットレディの悩みや不安などの相談に乗ってくれたりもします。

スタッフのサポートを受けられるというのは、チャットレディとして働く上で大きな強みです。

働きやすい環境が整っている

働きやすい環境が整っているのも、通勤チャットレディのメリットの一つです。

プロダクションの事務所には、チャットルームやパソコン・カメラなどの設備、衣装、小道具などが備えられています。

さらに、パソコンやカメラも高性能なことが多く、綺麗に映ったり、安定的に配信できたりします。

在宅の場合はそういった環境を自分で整える必要があり、たとえばパソコンやカメラなどがない人はまずはそれらを用意しなければチャットレディを始めることができません。

このように、チャットレディで稼ぎたいと思ったとき、初期費用をかけずに仕事を始められるのが通勤チャットレディの強みです。

身バレなどのトラブルを回避しやすい

通勤チャットレディには、トラブル回避しやすいというメリットもあります。

チャットレディで働く時の最も大きな不安が、身内にチャットレディの仕事がバレたり、男性ユーザーに身元を特定されたりなど、いわゆる身バレでしょう。

通勤型の場合は、身バレを回避する方法やコツを教えてもらえる上、万が一身バレした時にスタッフが守ってくれるため安心して仕事ができます。

一方で在宅型の場合、自分の身は自分で守らなければいけません。

もちろん、在宅でチャットレディをしたからといって身バレしやすいわけではありません。

しかし、対策がわからない状態でチャットレディを始めるよりも、身バレしない方法を教えてもらいながらチャットレディをするのとでは、気持ち的にも大きな違いがあります。

そのため、安全面から考えると通勤チャットレディの方がメリットがあるといえます。

通勤チャットレディの3つのデメリット

通勤チャットレディには以下3つのデメリットがあります。

  • 報酬率が在宅よりも低い
  • チャットルームが満室だと仕事できない
  • 事務所が通勤範囲内にないといけない

ここからは、それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

報酬率が在宅よりも低い

通勤型の場合、在宅型と比べて報酬率が低いケースがほとんです。

【報酬率とは?】
報酬率とは要するに、男性ユーザーが課金した金額に応じて受け取れる報酬の割合のことです。
たとえば報酬率が40%で、仮に1時間の配信で男性が1万円課金してくれた場合、受け取れる報酬は1時間あたり4,000円となります。

なぜなら、通勤型はプロダクション契約が必要なため、手数料として数割をプロダクションが受け取るためです。

一般的に、通勤型の場合の報酬率は30%前後、在宅型の場合の報酬率は40%前後となっています。

報酬率の低さは通勤チャットレディのデメリットといえます。

ただし、通勤型は報酬率こそ低いものの、稼げるノウハウを得られるので受け取れる報酬額で見ると通勤型の方が多いケースは少なくありません。

はじめは通勤でチャットレディを始めて、稼げるようになってから独立して在宅型に転向するチャットレディもいます。

チャットルームが満室だと仕事できない

通勤チャットレディは、チャットルームが空いていないと配信ができないというデメリットがあります。

せっかく働きたいと思ったにも関わらず、仕事ができないとなると、モチベーションが下がってしまうはずです。

満室で仕事ができない事態を回避するためには、規模の大きいプロダクションに契約することをオススメします。

チャットルームをいくつも設置している大きい事務所ならば、満室になる心配がほとんどありません。

事務所が通勤範囲内にないといけない

事務所が通勤範囲内にないと仕事ができないというのも、通勤チャットレディのデメリットの一つです。

通勤で働く場合は、前提として自宅もしくは職場・学校から通える場所になければいけません。

自宅からも遠く、本業の通勤・通学時にも通えないとなると、通勤型で仕事をすること自体難しいです。

特に地方在住者にとって、事務所が通勤できる範囲内にないというのは大きなデメリットといえます。

在宅チャットレディのメリット・デメリット

続いて、在宅チャットレディメリット・デメリットについて見ていきましょう。

在宅でチャットレディの仕事をする場合、チャットレディのサイトに直接契約することが一般的です。

プロダクションに属しながら在宅で仕事をするケースもありますが、チャットルームなどを利用しないのにわざわざプロダクションに所属する必要はありません。

在宅チャットレディをするなら、直接契約を前提で考えておきましょう。

在宅チャットレディの3つのメリット

在宅チャットレディには以下3つのメリットがあります。

  • 通勤型よりも報酬率が高い
  • 好きな時に配信を始められる
  • 人間関係を気にする必要がない

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

通勤型よりも報酬率が高い

在宅チャットレディの大きなメリットが、通勤チャットレディよりも報酬率が高いことです。

先述したように、一般的な報酬率は在宅型が40%前後、通勤型が30%前後となっています。

わずか10%程度の差ですが、稼ぐ金額が大きくなればなるほど受け取る報酬額に差が出てきます。

そのため、特にチャットレディとして月に数十万円以上稼ごうと考えている人は、在宅型を選ぶメリットが大きいです。

好きな時に配信を始められる

好きな時に仕事を始められるのも、在宅型のメリットの一つです。

通勤型の場合はチャットルームが満室だと配信できませんし、仕事をするのにも事務所へ足を運ぶ必要があります。

一方で在宅チャットレディは気が向いた時に始められますし、チャットルームの空きを気にする必要がありません。

そのため、チャットレディの仕事を自由にやりたいという人にとって在宅型のメリットは大きいといえます。

人間関係を気にする必要がない

在宅チャットレディは人間関係を気にする必要がないというメリットがあります。

在宅型なら事務所のスタッフや他のチャットレディの気を使いながら仕事をする必要はありません。

人間関係に気を使うのが面倒な人や、対人コミュニケーションが苦手な人にとって、在宅チャットレディを選ぶメリットは大きいです。

在宅チャットレディの3つのデメリット

在宅チャットレディには以下3つのデメリットがあります。

  • 配信環境を自分で整える必要がある
  • 同居人がいると仕事しづらい
  • トラブルは全て自分で解決する必要がある

ここからは、それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

配信環境を自分で整える必要がある

在宅チャットレディは配信環境を自分で整えなければいけません。

チャットレディの仕事をするのには、たとえば以下の環境・道具が必要です。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • カメラ
  • マイク
  • 証明
  • 化粧品
  • 衣装
  • アダルトグッズ(アダルトの場合)
  • など

衣装でキャラを作ったり、身バレを防ぐために衣装で変装したりすることは大切です。

しかしこれらの配信環境を整えるためには費用がかかりますし、仮にパソコンやカメラなどが故障したら買い替えなければいけません。

また、機材が故障したらその間は配信できませんし、機材の交換や修理となればさらに多くの費用がかかります。

配信環境を自分で整え、なおかつ常にメンテナンスしなければいけない点は在宅チャットレディの大きなデメリットです。

同居人がいると仕事しづらい

在宅チャットレディは同居人がいると仕事しづらいというデメリットがあります。

家族と一緒に住んでいる人や、ルームシェアなどで同居人がいる場合、気軽にチャットレディをすることが難しくなります。

特にチャットレディの仕事を同居人に知られたくないという人は、より在宅で仕事をするのが困難です。

そのため、一人暮らし以外の人にとって在宅チャットレディはデメリットが大きいといえます。

トラブルは全て自分で解決する必要がある

在宅チャットレディは身バレなどのトラブルを自分で解決しなければいけません。

プロダクションに属して通勤型で働く場合、トラブルを事前に回避する方法を教えてもらえるほか、万が一トラブルに巻き込まれた時は問題解決に務めてくれます

一方で、在宅チャットレディの場合は全て自己責任で行わなければいけないため、トラブルが起きたら自力での解決が必要です。

特にチャットレディ初心者で、トラブル対策の方法やトラブルの解決策がわからない人はチャットレディの仕事におけるリスクが高まります。

安全面から考えると、在宅チャットレディはデメリットが大きいです。

通勤チャットレディに向いている人の特徴

以下の項目に当てはまる人は通勤チャットレディが向いています。

  • チャットレディ初心者の人
  • パソコンを持っていない・詳しくない人
  • 確実に稼いでいきたい人
  • 事務所に通える人
  • できる限り安全に仕事がしたい人

チャットレディ未経験で、これからチャットレディの仕事で稼いでいきたいという人は通勤型が向いています。

プロダクションに所属して働く通勤型ならスタッフのサポートを受けられるので、チャットレディとして稼ぐノウハウを教えてもらえるほか、万が一のトラブルにも一人で抱える必要はありません。

できる限り安全に、なおかつ確実に稼ぎたい人には通勤チャットレディが向いているといえます。

在宅チャットレディに向いている人の特徴

以下の項目に当てはまる人は在宅チャットレディが向いています。

  • 自由に仕事がしたい人
  • 空いた時間に少しだけ仕事がしたい人
  • とにかくたくさん稼ぎたい人
  • すでにチャットレディとして稼いでいる人
  • 一人暮らしで配信環境が整っている人

在宅チャットレディは、すでにチャットレディとしての経験があり、プロダクションのサポートを受けなくともある程度稼げる人です。

在宅型は報酬率の高さが大きなメリットなので、すでにチャットレディとして稼いでいる人は直接契約の在宅型で働くことによって多くの報酬が期待できます。

チャットレディをするなら通勤と在宅どっちがオススメ?

結論をいえば、チャットレディをするのならまずは通勤型がオススメです。

何度もお伝えしている通り、通勤型の方が在宅型よりも安全でなおかつ稼げる可能性が高いからです。

在宅型の方が報酬率は高いという特徴はありますが、チャットレディ初心者などでそもそも報酬額が少なければ、在宅も通勤も受け取れる金額に大差はありません。

また、チャットレディのサイトやプロダクションによってはボーナスを設けているところもあるので、場合によっては通勤型の方が稼げることもあります。

これからチャットレディを始めようと考えている人なら、まずは通勤型でスタッフのサポートを受けつつ、自分一人でも稼げるようになったら在宅型に転向することをオススメします。

まとめ

チャットレディは通勤型在宅型の2種類の働き方があります。

それぞれメリット・デメリットがあり、通勤型在宅型のどちらに魅力を感じ、どちらの働き方を選ぶのかは人によって異なります。

どちらの働き方がいいのかわからない人は、チャットレディ未経験なら通勤型経験者なら在宅型と考えておきましょう。

いずれにしてもチャットレディの魅力は、誰でも気軽に稼ぐことができる点なのでまずは一度はじめてみることをオススメします。

【関連記事】

現在チャットレディとして働くことを考えていて、実際どのくらい稼げるのか気になっていませんか?実際にチャットレディとして…

【おすすめ記事】

チャットレディの仕事が危険かどうか気になっていませんか?実際、チャットレディの仕事で事務所からアダルトを強要されたり…