Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

「美人効果」を引き出すおしゃれ♪

「痩せて見える服」が美人に見える服

福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

チャットレディの皆さんは、自分が一体何のために「おしゃれ」をしているか考えてみたことはありますか?

女性は一体なんの為におしゃれをするのか?
それは、当然キレイに見せるため。
女性の場合、そこが何もかも優先します。

それならば、何よりもまず美人に見える服を選びたいものです
ところが、そう簡単に巡り会えるものではなく、基本的にその基準は人それぞれです。
着てみなければわからないからこそ、オシャレにはいつまでも結論が出ません。

自分が持っていた「美人効果のある服」たちを思い浮かべてみましょう。
そこに共通点があるはずです。
美人に見える服とは、早い話しが「やせて見える服」ではないでしょうか。

美人は、顔まわりだけで演出されるものと思いがちです。
実はそうではなく、ほぼ全身で作るものです。
エリの形や柄が、顔の印象に大きく影響するのはよくわかります。

全身のシルエットやボトムのデザインも、じつは美人効果の有無に大きく関与してます。
やせて見えると美人に見える...服においても同様と考えるべきです。
確かにいくら顔が美形でも、プロポーションがよくないと「美人」と認識されないこともよくあります。

おしゃれの方向性が定まらなくて困っている女性も多いはずです。
そんな女性は服選びのテーマを「やせて見える服」に絞ってみるのはどうでしょうか。

●おしゃれがものすごく楽になる。
●失敗がなくなる。

●迷いもなくなる。
●いつもキレイに見え、やせて見える。
「着やせ」を侮ってはいけないのです

やせすぎの人も「やせて見える服」を着ると、逆にバランスよくスタイルよく見えたりするもの。
「やせて見える服」は効率のよい服と言えるでしょう。

やせて見える服は本当にやせる服!

もうひとつ知っておくべき喜ばしいことがあります。
やせて見える服を着ていると、自然にやせていくという事実です
人間の体は、私たちが考えもつかないほど潜在能力を備えています。

美しい形を体自信が記憶していくようなこともあります。
服を体形に合わせるのではなく、体形を服に合わせる。
これで、体がどんどん変わっていくことも充分ありうるということです。

たとえば、流れるようなシルエットの「やせて見える服」を着続けます。
すると、体形のゴツゴツが取れて体の美しいカーブが際立ってきます。
体を女性らしく見せる服を着続けていたなら、くびれも際立ってきます
逆にウエストのないルーズな服を着続けていたら、ウエストのない体になっていきます。
緊張を解けば、それに甘えて肉がゆるみ、脂肪がついていくのです

逆に緊張を程よく伝えるソフトな犠牲ギプスのような服を着る。
体型も面白いように整っていきます。
体も服を記憶することを知っておきましょう

「どんな服を選んでいいのかわからないよ」というチャットレディさんもいらっしゃることでしょう。
スタッフが親身にアドバイスをしながらをプロデュースしていきますので、安心してください!!

「色気の本質」とは!?

「女性の色気」の勘違い

ここからは、色気の勘違いをしている!ということについて少し書いておきます。

チャットレディの皆さんは、「色気」とは一体どのようなものだと思いますか?

色気には色んな誤解があります。
女性が考える「女性の色気」と男性が考える、「女性の色気」は微妙に違います。
女性はわりと単純に胸が大きくて化粧が濃いめ、肌の露出の多い女性と考えがち。

そんなに単純ではない色気と思っていても、男性はそういう女性が好きと思ってしまいます。
しかし、男性が考える「女性の色気」はもっと複雑です。

女性たちもみんながみんな筋肉質の男性に色気を感じるでしょうか?
シャツのボタンをおへそあたりまで明ける男性を「セクシー」と思いますか?
そういうこれ見よがしのアピールには、逆に拒否反応を示す女性もけっこう多いはずです。

異性に見る色気とは本来そんなわかりやすいものではありません。
少なくとも女性たちはもっと目に見えないものに「男性の色気」を感じようとしています。
スポーツ選手の汗、車を運転する横顔、男性の背中の大きさなどに「色気」を見たりします。

男性も同じで、束ねて髪をはらりとほどいた瞬間、恥らう姿に色気を感じる男性も多いのです。
一瞬の仕草に女性がフラッシュのように輝くからではないでしょうか。
あるいは、パソコンをものすごい速さで打つOLの姿にグッときてしまう男性も少なくありません。

何かに一生懸命な女性やデキる女性にこそ色気を感じる男性の心理が見えてきます。
平凡な感じの女性が、いきなり上手に英語をしゃべり出した
初めてゆっくり話をしてみた女性の話題の豊富さ、話が面白かった
こんな女性の仕草に、セクシーさや色気をを感じた、という声もあります。

男性は意外なほど、女性の知識に色気を感じる生き物なのです。
20代までは、わかりやすい色気を形にしても、色気として通用することでしょう。

30代ならば知性が土台になければ、色気をうまく引き出すのは難しいかもしれません。
知性のある女性が、一方で「女」を強く感じさせるところに色気が宿るとも考えられます。
女性が考える「女性の色気」は勘違いだらけかもしれません

異性が求めるから、色気が生まれる

色気に絶対必要不可欠なのは、異性を求める心。
逆を言えば、男性に関心のない女性には、色気は生まれません
色気の基本は、自分の性に対する強い自覚です。

自分は女性。
だから必然的に男性を愛したい、その素直な気持ちに宿る引力が、すなわち色気なのです。

最近のデータでは、男性が魅力を感じる女性の仕草は「笑顔」と思いきや..。
「恥じらい」のある仕草に男性は魅力を感じるそうです。
デキる女」プラス「笑顔」プラス「色気」、そして最強の「恥じらい」で男性を虜にしましょう。

チャットレディのお仕事をする上で非常に役立つ内容ですので、是非何度も読み返してしっかりと頭にいれて接客してみてください。!

「輝く」には明るさが必要!きれい色の服で存在感をアピール

ここからは、以前、「光るアクセサリー」はオーラを放つとご紹介しました。
ファッションも又、華やかな色がオーラをより一層輝かせてくれる。!

ということについても触れていきたいと思います。

これも大切な事なのでしっかり覚えておいてください!

ピンク、オレンジ、白、クリーム色、薄いグリーン、水色。
周りに沢山のキレイな色が沢山あるのに、無難な色を選びがちです。
あまり目立ちたくないという、心の表れかもしれませんね。どうせならば、気づかれないより気づかれた方が、断然嬉しいはずです。
暗い人より明るい人がそばにいた方が周りも明るくなります。

おしゃべりが苦手という人も、明るい笑顔で、明るい服を着る。
そんな工夫ひとつで、黙っていても「明るい人」と思われます。
明るいキラキラとしたオーラを放つ女性は、他のチャットレディさんに埋もれず、男性会員様の視線を集める事間違いなしです。

オーラが輝いて明るい人は、黙ってニコニコしているだけで、その場を華やかにします。
自分のオーラに力を感じなければ、「光るアクセサリ」をつけて、明るい服を着ることです。
暗い色を着ていると、少し暗い気分になっても、明るい色を着ることで気分も違ってきます。

着物を着ると、自分の意識が変わり、おしとやかな振る舞いになります。
だから、「暗い性格をなんとかしたい」と思ったら明るい色の服を着るのが一番です。
いきなり、派手な色ではなくて、パステルカラーだけでも充分です。

黒の服が多いなら、やはりそこはストールやアクセサリで明るさをプラスしましょう。
徐々に、顔のそばに明るい色を取り入れると、明るい色に抵抗がなくなります。
その上、自分ににはどんな色が似合うかわかってきます。

今年、特に目にするのはイエロー、昨年から流行になってるネイビーに絶妙に合います。
そして、意外に難しい白が主流になってます。
自分を明るいイメージに変えたければ、今がチャンスです!チャットレディのお仕事の衣装選びに役立てて頂けたら幸いです。

おしゃれは人のためにする

おしゃれはもちろん自分のためでもあります。
でも、考え方次第では「人のため」でもあります。
自己満足のおしゃれなら、極端な話しなんにも考えずに好きな服を着ればいいだけです。

人に見られることを意識するからこそ、おしゃれがあります。
「○○さん、センスいいよね」と言われて悪い気分にはなりませんよね。
お手本にされたら、なお更、女性冥利に尽きます。

一番大切なのは、服装ひとつで人を明るくしたり、楽しくさせる事ができるということです。
特に、男性はいつも落ち着いた色を着てますね。
そこに、あなたまで暗めの色でパンツファッションでは、異性としての意識は半減するかも。

男性と接する時こそ、女性らしいファッションで好印象をGETしましょう!

大人の「肌見せ」は女性の必須♪

皆さんは、普段のファッションで「肌見せ」はするタイプですか?

見せすぎても、見せなさ過ぎてもいけない大人の肌見せ
ストッキングもはかずにヒールの靴を履くのは、過去の女性には考えられなかったこと。
真冬にコートの下はノースリーブというのも同様です。

この10年で、女性は今まで見せなかった肌を見せ始めてます。
肌を見せるのは「私は女性」というシグナルです。
と同時に肌を見せた分だけ、女性は自分でも女性を自覚するようになりました。

言い換えれば、肌見せは女性の本能です。
和服から遠のいて、日本の女性も、ようやく女性の本能をストレートに表現しはじめました。

女性の体は見せなければ衰え、衰えれば見せたくない。
体に自信が持てたから見せたのか、見せたから自信が持てたのか。
ともかく、日本の女性も「見せる肌と体」を持ちました。

今まで見せなかった二の腕や胸元を、堂々と見せるようになりました。
では、なぜ、二の腕と胸元なのか?
子供じみた体にも、大人すぎるケバケバしい体にも見えないための計算が生きているのです。

二の腕とデコルテは、イブニングドレス的な露出で初めての大人の肌見せです。
正装感から生まれたとても正しい露出とも言えます。

肌見せが子供っぽくもケバケバしくもならない。
それは、見せすぎても見せなさすぎてもない感じがちょうどよいのです。
そして大人の女性が肌を見せる時は、いつもこの正装の露出を意識することが大切です。

1センチ違っても、体の意味は変わります
だから、肌は侮れないのです。

香りが、ほんのわずかつけすぎても美しさのバランスを失います
肌見せも1センチ多く見せすぎても、美しさのバランスを失います

胸元と腕は、女性の体の中でもとりわけいい匂いを放つ部分です。
両方を一緒に見せる時は、香りがちょっと濃厚になりすぎます。

他の肌から香りが出ないように配慮しましょう。
そいう計算が出来てこそ、肌見せは成功するのです。

しかも香りは目に見えません。
でも、肌は服以上のインパクトを持って目に飛び込んできます

その分、失敗も多いということです。
肌見せは言うならば、生っぽく目に見える香りです。

しかも、年齢を重ねると女性の肌は、よけい香りのトーンが強くなりがちです。
肌見せの1センチの違いにこだわりながら、ほのかにやわらかく「見える香り」を作りましょう。

見せる肌は、匂い立つ服の一部
品よく肌をみせましょう。
服の素材同様、肌も上質なものへと、じっくり磨き上げることも忘れずに♪

チャットレディのお仕事をする上で、こういった適切な「肌見せ」のレベルを覚えていくことによって、あなたの魅力が何倍にもなります。

今回は、色んなことを沢山書いてしまいましたが、どれも参考になる話だと思います。

是非、高収入チャットレディになってもらいたくて長くなってしまいました。!(^^)!

新着記事

Image copyrights