Theory Blog

各店舗のスタッフや女の子から、お仕事のことや稼ぎ方などを発信しています

あなたでもできる!キュンとさせる方法!

キュンとさせたい!

こんばんは、福岡チャットレディセオリースタッフです。

今回ですけども、相手を「キュンとさせる方法」などについてお伝えしようと思います。

チャットレディとしてお仕事するにあたりとても重要なお話になりますので、是非最後まで読んで参考にしていってください。

男の人と女の人が何に欲情するのか?

●男は記号に欲情する
●女は信号に欲情する

男性にも女性にも「キュンとする」感覚があります。異性に対して「いいな」「魅力的だな」「好きだな」と感じる「恋の始まり」もしくは「ライトな性欲」と言ってもいいもしれません。

異性のどこに魅力を感じるかはまったく違うため、しばしば男女は空回りな努力をすることになります。
男性がモテようとしてジムで体を鍛えるのも、女性が好かれために「自分磨き」に走るのも、残念ながら大間違い。

異性にアプローチするなら、自己満足ではなく、相手が評価してくれるポイントで勝負すべきです。

わかりやすい女的なものに欲情する男、自分に向けられる好意にキュンとする女。
多くの若い男性は、性欲に支配されています。

そのため、「女っぽくてエロいもの」を備えている女性にキュンとします。

たとえば、プルプルの唇や、柔らかそうな胸、大きなおしり、ミニスカート、ニーハイブーツ……など。
女性のシンボル的なものに惹かれるのです。

もちろん、「こんなスタイルの女性がいい」などの好みはそれぞれにありますが、「誰の唇なのか」「誰がミニスカートを穿いているのか」という部分はあまり大切ではありません。

女性らしい体のパーツやファッションアイテムそのものに欲情しているからです。
こういう面で男性はとても単純です。
それに対して女性は、もう少し複雑です。

好みとして「筋肉フェチ」「ひげフェチ」の女性もいますが、それはどこか冷静な「好み」で、キュンとくる「好き」とは区別されます。

女性が純粋に男らしい見た目だけで好意を抱くケースは、ほとんどないといってもいいでしょう。
いっぽうで女性は自分に向けられたベクトルに敏感です。

「これは私に向けられた優しさだ」「私に関心を持ってくれているのだな」と感じることでキュンとします。
そのため、誰から発信されたものなのかが非常に重要になりますし、それまであまり意識していなかった相手からのベクトルでも、「自分だけに向けられたものだ」と感激すればそのまま好意に変わったりもします。

熱心にアプローチしてみよう!

女性が「押しに弱い」とされるのはこのため。
熱心にアプローチされることで、いつの間にか心が動かされるのです。

女はもっと見た目に気を使うべき、このような特性がわかれば、あとは相手の土俵で戦うのみです。

ベクトルに敏感な女性に対しては、「あなたがずっと好きでした」と伝えること。
女性をよく観察して、どんな部分に魅力を感じたのかを事細かに説明してもいいでしょう。

「あのときこう言ったのが忘れられない」など、相手との共通のエピソードを持ち出すのも効果的です。

逆に無意味なのは、男性が自分の見た目を磨くことです。
見た目が魅力を底上げしてくれる可能性は大いにありますが、それが決め手になることはありません。

筋トレをしたり、お酒落に気を使ったりするよりは、好意の伝え方を工夫したはうがいいでしょう。

ただし、女性だけが使う表現として 「生理的に受け付けない」 というものがあるので、これには要注意。
「絶対にムリ」という相手に対して使われる言葉ですが、この感覚はセンサーが鋭い女性ならではのもの。
不潔だったり極端にダサかったりして、ひとたび 「気持ち悪い」 と思われてしまったら最後。

どんなに押しても引いても、「生理的に受け付けない」とシャットアウトされてしまうのです。
「キモい」 というマイナスからのスタートだと、プラスへの挽回はあり得ません。

そのため、最低限清潔であり、「可能性は低くても″ ナシ″ じゃない」という立ち位置にいる必要はあります。

それに対して女性は、モテたいのであれば見た目に気を使うべきです。
これは、お酒落をするという意味ではなく、男性に響く見た目になるということです。

これはチャットレディとしてお仕事していくにあたってとても重要なポイントになりますので、しっかりと覚えておいてください☆

顔と服の色で変われる

顔は一番人にいつも見られている

顔は「この人やさしそうだな」「この人はお金持ちそうだな」「いい人そうだな」と判断する重要なところ。
つまり顔が良ければ人から好印象を受けるのです。顔が良ければという事は、目が大きいとかつぶらな瞳、小顔、丸顔などの顔立ちではありません。
「顔がいい」とは「顔のつやがいい」ということです。
人気あるアーティストや成功している経営者などに共通しているのは顔に「つや」があることです。その反面、絶頂期を終えた人には「つや」がなくなり、開運の扉が閉じてしまいます。
「幸せになりたかったり、モテたかったら、顔にいいつやを出せばいい」
最初は化粧品の力を借りてつやを出してみる、そのうちに幸せになると自然に塗らなくてもつやが出てくるのです。

口元がだらしないとお金がたまらない!

唇がかさかさしてる人は要注意、口は財力を表わしますからつやがないとお金が入りません。
歯並びも大事!お金も逃げる隙がなくお金がたまります。
つやがあってきゅっと閉まった口元、さらに口角が上がった唇にはだれもが惹かれるはずです。

メイクをしないのは犯罪!

メイクは女性なら絶対にしなくてはなりません。
世の中の「すっぴんが好き」「ナチュラルなのがいい」そんな言葉に甘えてはいけません。
モテてキレイな人はすっぴんに見えるナチュラルなメイクをしっかりしてるのです。

自分の見た目を買える魔法のアイテムはメイク

メイクが苦手という女性は沢山いますね、「眉を書くのが苦手」「シャドーを上手くつけれない」
最初は全てに時間が掛かるかも知れませんが毎日やっていたら慣れていくものです。
日常生活の全てにおいても共通することですね。

メイクをすることでキレイになった自分を発見したならば、自信が付いてハッピーになれます。
ハッピーになると笑顔も自然にこぼれ、人からみても可愛く見えるのです。
まずは貴方の気になるところから挑戦してみてはいかがでしょうか?

服の色選びも重要ですね、考え方や行動は色に表れます。

これはチャットレディとしてお仕事をしていく上でもとても重要なものになります。

明るいキレイな色の服を着ていたなら明るい人だと思れ、誉めて貰いやすかったりします。
自分が誉められてうれしくなり、いい人だなと思うと「今日も素敵ですね」と気さくに返してあげる事がができますね。

人から見て一番印象に残るのは服の形ではなく色だそうです。
黒ばかりの服を持っていたなら黒のイメージしか残らないわけです。
特に男性は観察眼に乏しく服の色を覚えていても上方、靴の形は覚えていない方が大半だそうです。

だからこそ明るい色の服を選び貴方の印象に変え人生までもそのものの色に変えて生きましょう。

モテる為の見た目とは?

見た目の好みは相手によっては違う

絶対にあり得ない答えを求める。
好みは相手によって全員違うのに「モテる見た目になろう」っていうこと自体が不自然。絶対にあり得ない答えを求める。

自分がモテる格好をしたからとして、それがいいと言う人もいれば、イヤだと言う人もます。

万人からモテようとして相手に合わせて、相手が好いてくれる格好にするのではなく、自分の好きな格好を磨き抜いていけばあなたを好きな人が出てくるのです。

昔の有名な新撰組の近藤勇だって熱狂的なファンがいますが、近藤勇は女性にモテようと考えて羽織を着たわけではないでしょう。

基本的に、現代人の考え方には多少違いがあります。

自分という個性を磨いて磨いて磨き抜いていくと、自分を好きだという人が5人になり、10人になり、20人になる。

それなのに、みんながみんな個性を無くして同じような無難な格好をしているから、誰からも憧れづらい傾向にあります。

モテる人ほど個性が強い

「女性は無地の洋服を着たほうがいい」とか、「ヒョウ柄は好きじゃない」とか言う男性が居ますが、それはその人の好みです。

ヒョウ柄がイヤであろうと、その人の彼女じゃないのですから。

万が一、自分の彼氏だとしても、そもそも、あなたはそんなことを言う男性に好かれたいですか?あなたがチャットレディとして好きな格好を磨いて磨き抜いていくと、あなたを好きだと言うお客様が必ず出てくるのです。

例えがヒョウ柄になりますがヒョウ柄の何がいけないと、いちいち言うことを聞いていたら、だんだん地味になってきます。

ヒョウ柄の好きな男性にとってはヒョウ柄のあなたは「魅力的」に見える。

「自分の大好きなヒョウ柄を着ただけでごちゃごちゃ言う男性は自分に合わないタイプだ」と思い込むことです。

女性の着るものに口出すのは男らしくないとか、出世しないとか、自分の個性をはっきりして自分は自分の好きな格好をする。

男の人も女の人も、相手に合わせる必要なんてまったくないのです。

地味なら地味でキレイを追い続ける、派手なら派手を追い続ける。ヒョウ柄だろうが、ワシ柄だろうが、自分の好きな格好を「いいね!」と言ってくれる人が、5、6人いればいいのです。

人の意見を聞きすぎて個性を抑えすぎてはいけません。

そんなことをしていると、言っていることや、見た目、やっていることにも魅力が半減してしまいます。

チャットレディのお仕事にも同じことが言えます。

個性を思う存分発揮させて自分と言う人間を磨いて磨き抜いて「モテる為の見た目」を磨いてみませんか?接客にも自信を持って接してみて欲しいです☆

そんなあなたの事を「好き」だと言ってくれる男性が必ず現れるはずですよ!

男性ユーザーさんを「キュン」とさせて高収入を目指しましょう!


新着記事

Image copyrights