一秒でも「長く愛される」ために

こんにちは、高収入福岡チャットレディセオリーのスタッフです。

愛され続けるために何をするか...♪

今回は皆さんに、「一秒でも長く愛されるための秘訣」をお伝えしていこうと思います。

一瞬、一瞬で、愛される人はいても、愛され続ける人は、なかなかいません。
だから、ずっと愛され続ける女性は素晴らしいと言えるでしょう。
若い年代であるなら、誰でも、愛される瞬間は多々あると思います。

しかし、年齢後半になって、お肌の曲がり角を過ぎても、なお愛され続ける女性がいます。
輝き続け、女性としてかわいらしさを身につけているのでしょう。

しかし、そんな女性は持って生まれたものが良かったのでしょうか?
おそらく、その後の努力が良かったのではないでしょうか。
だから、誰にでもチャンスはあるのです。

挫折や失敗があってもそれをうまく生かせる女性になることが重要だと思います
いい男に愛される人は、当然、いい女性です。
いい学歴や、ルックスがあったりキャリアウーマンというのは別のものです。

ごく普通の生まれで、普通の学歴でも、心の中から自然と愛らしさを持った女性
そんな女性が、愛され続けていくのではないでしょうか

それでは、愛され続ける女性とは、どういう女性なのでしょうか。
やはり、ハートがいいということだと思います。

愛らしいところがあるということです。
愛らしいというのは、可愛いを超えたものです

年齢に関係なく、女性であることがベースにあるけど、それを意識することもない。
もちろん、心の中では意識していても、それを相手に感じさせない。

まわりと分け隔てなく接することができる人
それが、誰からも愛され続ける条件ではないでしょうか

誰と接していても、まったく変わらないひとつの巣がある
その巣が本当に魅力的なものであったら、みんなが集まってきてくれるでしょう

ただ、そこには笑顔が必要です
明るくなければ虫も寄ってきません。
明るい女性を心がけましょう

人にはいいときもあれば、悪いときもあります。
男性が調子のいいときに知り合って、なおかつ悪い時期を一緒に乗り越えられる女性。
そんな女性は、どこまでいっても愛され続けられるものです。

最初から成功した人に愛されるより、自分が努力して一緒に成功を追いかけていく。
または自分自身で努力して、その結果として成功した人に巡り会う。
そんな女性の方が愛され続けるのではないでしょうか。
耐える女性になることをすすめているわけではありません。
どんな時も、笑顔で明るく接することができる女性。
努力を惜しまない女性であることが大切ということです。
そんな女性であるならば、男性に限らず周囲の人にも愛され続けるはずです。
チャットレディと会員様との関係にも当てはまると思います。
チャット中、会員様に元気がなければ、当たり障りのない程度に励ましを送る。
その瞬間だけでも、悪い時期を共に乗り越えることになるのではないでしょうか。
会員様に、一秒でも長く一緒にいたいと感じて頂ける「癒しの巣」を提供したいものです
今回お伝えした癒しのテクニックをしっかりと自分のものにすることが出来れば、自ずとランキング上位の人気チャットレディさんになっていくことでしょう☆

長く愛されるには、「謝まれる女性」=いい女

謝れないことは損を招くんです!!

悪いことをしたら、素直に謝る」。
子供の頃から、何度も聞いてきた定番の教えのひとつです。
しかし、この当たり前のマナーが、なぜか大人になると実践できない人が増えています
福岡チャットレディセオリーのチャットレディの皆さんは、普段「素直に謝る」ことが出来ていますか?

成長の過程で様々な人間関係を経験し、単語に関する知識。
言い回しのバリエーションが増え、謝る以外のリアクションを身につけたのかもしれません。

当然ですが、謝るべき場所で謝まることができない人は損をします
逆の立場で考えてみましょう。
たとえば、食事中に、友人が不注意で飲み物をこぼし、あなたの携帯が濡れたとします。

とても大切!第一声。
「あ~、やっちゃった。いや、実は料理を取ろうとしたら、手にグラスが当たって!」。
このような言い訳だったとしたら、「まず最初に謝るべきでは?」と不愉快に感じませんか?
もちろん、謝る場合に理由が必要な場面も多くあります。
ですが、何よりも先に告げるべきは「ごめんなさい」の言葉です。
先の例でも「ごめん。大丈夫?」という謝罪が先に出た場合。
あなたも「大丈夫だよ」と、スムーズに大人の対応をとることができるかもしれません。
たとえ短気な人でも、好んで腹を立てる人はいません。
謝らない人は、相手の怒りを増長させ、より自分の立場を悪くしてしまうのです。
相手を思いやる」、「空気を読む」ことは、謝るときには大切なことです。
これはチャットレディのお仕事においても同じことが言えますので、しっかりと頭に入れておいてくださいね。

過剰に謝罪する人は、謙虚ではなく卑屈に見えることがあります。
その態度が人によっては不快に感じられます。
その結果、「あまり付き合いたくない人」と距離を置かれてしまいます。

謝らないことは論外ですが、謝りすぎるのも問題です。
見極めが難しいかもしれませんが、大切なのは相手に対する配慮です
自分本位な謝罪では、相手の心には届かないのです。

少し硬い内容ですが、社会人にとっては大切なマナーです
日常の自分は、素直に謝れる自分かを確認してみてはいかがでしょうか。

では、身近なところで男女間ではどうでしょうか。
「いつもわがままばっかり言ってるんです」という女性は多いものです。
それでは、そのことをちゃんと謝っているのでしょうか。

ケンカになっても「私はこういう性格なの!」と開き直る女性もいます。
自分は変わらず、相手に許容してもらうことばかり期待している人も少なくありません。
それはそれで仕方のない部分ですが、大切なのはきちんと謝るということです
気心の知れた相手ならば、多少のわがままを言うのは当たり前のことです。
それを自覚し、わがままを言ってるいることをわかっている。
でもつい甘えてしまう....。
そんな反省の意味を込めて、時には「いつもわがままばかりでごめんね」。
この言葉を、真剣に言いましょう

男性は女性が多少わがままを言っても、許してあげようと思うものです。
わがままは女性の特権ともいえます。
わがまま言っちゃってごめんね」のひと言が言える女性。
それが「いい女」になる近道です♪
そんな可愛いことを言われたら、男性会員様はもっともっとあなたに夢中になってしまうかもしれませんね☆
可愛げのある態度を身に付けて、人気チャットレディさんになっていきましょう。

「長く愛される女は理解できる」女性を演じる♪ 

理解を示す言葉テクニックを身につける!

ここからは、「理解を示す言葉のテクニック」を、福岡チャットレディセオリーの皆さんにお伝えしていこうと思います。

男女問わず人間関係で落ち込むことは多いことです。
では、男性に向けての励ましの言葉はどのような言葉が有効なのでしょう。
実際、男性は誤解されやすい人が多いものです。

女性は、言葉や表情、態度を使って感情を表現します。
逆に男性は口下手、表現下手なものだからです

男性が人間関係でつまずいていて、その愚痴をこぼしたとします。
そんなとき「私はあなたのいいところをわかっています」というアピールをするのです
注意すべきなのは、「誤解されやすいのかも?」の後に出る言葉です。
だってほら、あなたって笑顔少ないでしょ?
このような具体的なマイナスの根拠を挙げてはいけません
「俺のどういうところが誤解されやすいのかな?」聞かれた場合。
曖昧にごまかすか、「やさしすぎるんじゃない?」。
「気を遣いすぎるんじゃない?」などという態度にしておきましょう。

相手の男性をよく知っているなら「まわりが見る目がないのかも」でもよいでしょう。
実は、これは、彼女とうまくいっていない男性にも利くテクニックです。
彼女とケンカした、という話を聞いたとき。
「彼女には○○さんの優しさが伝わっていないのかも?」のような言葉をかけてみましょう。
男性は、自分のことをわかってくれるのは、もしかしてこっちの女性?という気になります。
でも、そんなときでも、彼女の悪口を言ってはいけません。
彼女もあなたのことをわかろうとする余裕がないのかも」という言い方をするのです。
これだけでも、大きなポイントを稼げるのです
応用ワザで「誤解していました」というのも使えます。
「○○さんのこと誤解してました。『いい人』だと思ってたけど、ちょいワルなんですね」。
「仕事がデキるタイプかと思ってたけど、誇りをもって情熱的に取り組んでいるんですね」。
このように、一度下げておいてから持ち上げる
この心理的なコントラストの効果で、非常に心に響く言い方になります

親しくなってから、「こんないいところがあるんだね、知らなかった」というのもよいでしょう。
逆に、「あなたって意外にだらしないのね」など、マイナスの発見を指摘してしまいがちです。

親しくなるにつれ、言葉の気遣いを忘れがちになります。
態度で表す気遣いは、わかりやすいようでわかりにくい部分もあります。
とくに男性は、その点では鈍感とも言えるでしょう。

だからこそ、言葉が有効なのです。
男性は、女性が発する言葉に優しさや癒しを求めているものです

とくに、チャットレディにそれを求める会員様も多いのではないでしょうか。
演じるよりも、心から優しい言葉が出せる女性が理想ですね。
素のままで、「理解を示せる」チャットレディになりましょう♪

正しい「自己認識」を持ちましょう♪ 

キレイに「意固地さ」は禁物です!

ここからは、「どうすればもっと綺麗になれるか?」の自己認識の重要さについて、福岡チャットレディセオリーの皆さんにお伝えしていこうと思います。

自分の顔やボディは毎日見ている。
小さいときからの付き合いだから...。

だから、自分の魅力について一番知っている。
そう考えることは一見正しいことです。

華奢に見られるけど実はずん胴を隠している。
足首が太いからパンツスタイルしかしないなど、秘密まで知っているのは、自分自身。

おしゃれやメイクについても自分に似合うものは自分が一番わかっている
そう思いがちの女性は多いと思います

ところが現実には、自分の魅力は何か、どうすればもっとキレイになれるか
そんな自分をあまりわかっていない人は少なくありません。
誤った自己認識の「キレイのマイルール」を持った女性がいます

そうした女性には共通点があります。
おしゃれに対して概して意固地です
何の根拠もなく「これはOK、これはNG」などの判断をなかなか曲げようとしません。

おでこが広くて前髪を上げるのが恥ずかしいから
いつも前髪のある髪型。
顔が大きいから
ショートはだめ。
目が小さいのをカバーしたくて
アイラインでぐるり囲んで大きく見せるのが定番。
丸顔だから
顔のサイドにワントーン暗めのパウダーで欠かさずシャドーをプラス...。
それらのルールが顔の欠点を隠すための効果を発揮してることも確かでしょう。
しかし、もっとキレイになる方法もあるかもしれません
それでも、なぜか「私はこのままで」と決め込んでいたりします。

ファッションでいえば、足の太さを隠すためのロングスカート。
フェミニンな色は嫌いだから黒一辺倒で突き通す。
そのマイルールの原点が的確だという根拠はどこにもありません。

ロングスカートで足の太さを隠すことはできます。
でも、その女性の身長が足りなかったら、どうでしょう。
いっそ短めのスカートにして、快活なイメージに変えてみる。
あるいは長め丈でもスリットが深く入っているものにしてみる。
試行錯誤の手間を省いては、キレイから遠ざかってしまいます

ただ頭の中で「こうに違いない」と考えてそれに従っていませんか?
そんな傾向がある女性は自らの思い込みで自分のスタイルを作ってしまいがちです。

したがって、キレイが発展しないタイプになってしまいます。
そうなる前に、キレイと思える身近な女性に質問魔になりましょう。

「どんな基礎化粧使ってるの?」
「おすすめのファンデ、ある?」
「どこのヘアサロンに行ってるの?」
「脚やせに利くコスメ知らない?」....etc。
キレイな人は、美容情報通であることが多いものです。
「えー、特別何もしていないよ」という女性に限って意外な裏わざを持っているものです
それが、美人の特徴といえるかもしれません。

自分の魅力を一番知っているのは自分というのも間違いはないでしょう。
しかし、見てくれている人が知っているあなたの魅力...
そちらの方が、自分が思い込んでるいるものより格段にいい場合もあるのです


自分なりの「マイルール」を持っているチャットレディさんも多いと思います。
キレイの努力を積極的に聞きだして、最上級の美人に変身してみては....♪
勿論、スタッフに色々質問してくれるのも大歓迎です!!
福岡チャットレディセオリーの事務所スタッフの中にはメイクアップアーティスト資格保持者やチャットレディ経験者も多数在籍していますので、何かわからない事や不安な事があれば気軽に相談してください( ✌︎’ω’)✌︎

よかったらお友達にシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
TOP
目次
閉じる