【徹底検証】チャットレディーの仕事はつらい仕事なの? 

いろいろ副業について考えている あなたは、チャットレディーという仕事ってどうなの?と疑問をお持ちではないでしょうか。まだまだ、チャットレディーは新しいスタイルの仕事なので、スタートする上で不安を抱えている人たちもいることでしょう。

多分あなたは、チャットレディーがどのような仕事なのかわからないから不安を抱えているのではないでしょうか。だとしたら、あなたの抱えている不安は全部ここで解決しましょう。

もちろんチャットレディーは、楽しいばかりの仕事ではありません。仕事というからには、いろいろつらい体験はあるでしょう。チャットレディーをしている方々は実際にどんなことをつらいと感じているのでしょうか。体験談から見てみましょう。

チャットレディーという仕事をスタートするか。チャットレディーのメリットもデメリットも知って、あなたが総合評価をして決めてみましょう。

福岡在住 エリナ (23歳)

私は、以前、福岡で消費者金融のテレホンオペレーターの派遣の仕事をしていました。会社でいい人間関係を作ることって、それほど得意ではありません。電話を通して会話をする仕事なので、なんとか私でもやって行くことができるかなという思いでいました。

しかし、消費者金融のテレホンオペレーターって、債務者に早く延滞支払いしてくださいという督促の電話をかける仕事なので、いつだってお金を持っていない社会的底辺の存在と向き合うことになって全然仕事をしていていい気持ちはありませんでしたし、仕事をし続けてどんどんストレスが溜まってしまう感じがします。こんな仕事は、決して私向きの仕事ではないな……と感じました。

いつか、お客さんに、「直接家に来たら返済してやるよ」と啖呵をきられたとき、「じゃあ怖いお兄さん連れて行ってあげるから待ってなさい」と言ってしまったのです。

ちょっと昔の消費者金融の対応なら、こんなやりとり当たり前と聞いていますが、いまは、企業のコンプライアンスとか、貸金業法に守られて消費者金融の督促って非常に弱い立場でこんなことは絶対に言ってはならない禁句です。電話の会話は、全部録音されていて、すぐに上司に呼ばれて、大クレームに発展してしまって、私ついつい辞めますって言ってしまったのです。

私自身、結構買い物グセがあって、借金持ちだったため、退職してしまったことで貯金0、途方に暮れた日々が突然襲ってくることになりました。

すぐに仕事をしないと……。しかし、企業でやっていく自信はないし。こんなときに、私はチャットレディーという仕事を知りました。

私が通勤型チャットレディーに決めた理由

チャットレディーには、在宅で出来るものと、通勤型チャットレディーがあるようですね。私のような、あまり社会的コミュニケーションが得意ではない女性は、在宅でのチャットレディーを当然選択するものと考えると思うでしょう。

インターネットでは、通勤型チャットレディーよりも在宅の方が、報酬が高いという話しも聞きましたし、いちいち出かけていかないで即仕事にかかることができて、在宅にはいろいろ大きなメリットがあると思います。

自宅で仕事をする訳ですから、育児をしているママさんがちょっとの時間を見つけてスキマ時間で、仕事出来るというのもおおいに納得することができます。つまり、自分自身のマイペースで、チャットレディーの仕事をすることができるんですね。

パソコン購入しなければならない……

しかしですね。よくよく考えると、私、スマートフォンひとつの生活をしている訳ですし、パソコンとか、Webカメラとか、マイクなど何を揃えていいかわからないし、準備の段階で在宅スタートはかなり大変かなと思いました。購入するためのお金が現在ありませんし。

部屋の様子も映ってしまう

そして、チャットレディーという仕事は、カメラに部屋の様子も映ってしまうから、いちいちお部屋をキレイにしなければならない面倒くささがあります。正直Webカメラで映して、背後に何もない壁をセッティングなんて、とてもじゃないけど出来ないですからね……。

チャットレディーには、通勤型チャットレディーもあるということを知り、私の選択肢は、こちらではないかなという気持ちも段々としてくるようになりました。

モチベーションアップが出来ない

在宅の方がいいはいいに決まっているのですが、自宅にいるとなかなかモチベーションをアップさせることができなくて、段々と仕事をしなくなるんじゃないかなという不安もあります。

やっぱり、私は、それ程コミュニケーションが得意ではありませんからね。だから、家が向いているということではなく、逆に家だと仕事をしなくなってまう不安です。やっぱり、モチベーションはスイッチしなければならないでしょう。そのためには、通勤の選択肢は正しいと思います。

通勤型の選択は、かろうじて私が、社会的人間であるための自覚です。

ずっと家でいいと言われれば、私から社会性が失われて、別の存在になってしまうかもという不安があります。

プライバシーのを確保できない

また、いろいろ自宅では背後に映りこんでしまうことも含めて、プライバシーの問題は自分で守っていかなければならないのです。それが、私には出来るかな……という不安があります。

たまたま窓に銀行の看板が見えていただけで、居場所がバレてしまったということがあるようです。在宅のチャットレディーなら、もしも誰からつけられても、誰も私のことを守ってくれることもありませんし。

隣のお部屋に筒抜け

あと、私の住んでいるワンルームマンションは、となりから声が時々聞こえてくることがあります。隣りもひとり暮らしなので、普段はシンとしているけど。

ということは、こちらが話ししていても、アチラに筒抜けということです。決して、木造アパートの木一枚ということではありませんが、普通の、ひとり暮らししている女性たちの生活環境では、決してチャットレディーの仕事が出来る環境ではないと思います。

こういった理由から私は在宅ではなく通勤スタイルでのチャットレディのお仕事をすることに決めることになりました。

  • 機材を用意しなければならない
  • 部屋をキレイにしなければならない
  • モチベーションをスイッチしなければならない
  • プライバシーを隠さなければならない
  • 万が一のことがあっても自分で対処しなければならない
  • 隣りの部屋に配慮して会話しなければならない

取りあえず通勤型チャットレディーの面接へ

ということで、私は、在宅を選択して、パソコンを購入する前に、一度、通勤型チャットレディーの話しを聞こうと思って福岡の事務所へ行くことを決心しました。

そうはいうけど通勤型チャットレディーも不安は不安、どうせ、通勤するのなら、他に仕事はあるんじゃないかしら……という気持ちにもなりましたね。何もチャットレディーになんで私は拘っているのかと。

コミュニケーションが得意でない私が出来る仕事は……。

アフィリエイター?

YouTuber?

せどり?

なんとなくいろいろ思いつくことができるけど、結局、現代社会でこんなコミュニケーションが得意でない人間が生き残る方法は、ほとんどがインターネット頼りということになるのですね。

インターネットがこれ程までに進化した現代社会に生きていてとてもラッキーだったとも言うことができるけど。

チャットレディーも、インターネットという手段が発展したからできる仕事なのです。どの仕事も、決して楽とは言うことができないでしょうし、そもそもノウハウが全然わからないですし。やっぱり、一番近道と言ったら、チャットレディーの仕事になるのではないでしょうか。

チャットレディーって風俗のような仕事じゃないのかしらという私の不安

私は、一体これからどこへ向かって行こうとしているのでしょうか。私は、まんまと口車にのって、風俗という仕事に向かってしまうのではないか……。そんな不安はありました。

実際に、チャットレディーには、アダルトのチャットレディーがあります。 ノンアダルトとアダルトのチャットレディーが。取りあえず選択肢は、ノンアダルトのチャットレディーと思っていた訳ですが。

アダルトのチャットレディーは風俗嬢なのかいえば、それも違うということです。エッチなやりとりは、風俗と共通は共通でしょう。しかし、圧倒的違いは、画面越しにお客様と接するお仕事であることです。

チャットレディーという仕事は、会わない、飲まない、触られない仕事なので、風俗ではありませんし、キャバクラとも違いますし、

そして、私のようなそれほどコミュニケーションが得意でない女性でも向き合うことができる仕事です。

コミュニケーションが苦手といいますが、友だち同士では、スムーズにコミュニケーションは流れている訳ですしね。チャットレディーの仕事は、友だちと会話をしている程度の能力で出来る仕事なのです。

とにかく仕事はしなければならない訳ですし、私に一番向いている仕事はチャットレディーであることを自覚し、事務所で面接を受けてみることにしました。

面接を受けてホッと一息……

事務所に行って、いろいろスタッフと話しをし、質問するうちに、私の不安感は解消されたかなという気持ちがあります。何かピンチなことがあっても、この人たちが私を守ってくれる安心感がありました。

ここでは、アダルトのチャットレディーもあるけど、ノンアダルトとアダルト、好きな選択をすることができるということです。

無理に、アダルトを強要させることもなく、穏やかな口調で話しされることにとても好感はありました。ふっと肩から荷がおりるような感じで、相当私も緊張していたことがわかります。無論、まだまだ緊張が全部解消された訳ではありませんが。

はじめてのチャットレディーの仕事 ドキドキで失敗の連続

チャットレディーの仕事は、完全個室で、キレイな部屋を用意してくれていました。備品や軽食などはもちろん、シャワーや家電などの設備もしっかり整っていて、ここで宿泊もOKということです。

ここで、マイペースで、仕事をすることができるんですね。やっぱり、チャットレディーという仕事は、私向きの仕事だったのかもしれません。

チャットレディーの仕事にコミュニケーションは大事だけど、ここは私だけの個室。そして、お客様は、Webカメラの向こう側です。

こんなお客様のやりとりなら、緊張しないで、私らしさを出すことができそうです。

さあ、お菓子をちょっとぼりぼり食べながら気軽なモチベーションでお仕事開始しましょう。

お客様はなんでライブチャットを利用しているの?

ノンアダルトのチャットレディーでも、いろいろなお客様がいます。お客様は、なぜライブチャットを利用しているのでしょうか。

アダルトのライブチャットならなんとなく理解できるのかもしれませんが。ライブチャットで、アダルトを抜きにしたら、ただのおしゃべりです。

そんなおしゃべりは、お金をかけないでも日常生活で出来るんじゃないの……という気持ちもあります。

「私」というノンアダルトの商品は、果たしてお客様に購入してもらうことができる価値が存在しているのでしょうか。

男性たちが、積極的にノンアダルトのチャットレディーを利用したい理由は、やっぱり声でつながりたいと思っているからです。

誰ともコミュニケーションを持っていない人たちは、ココロの中で寂しさを感じているようですね。女性も男性も同じ、ひとりでいれば、寂しくてコミュニケーションを持ちたいとココロから叫んでしまうのです。

彼女がいれば、そのような問題は解決出来るのかといえば、そうでもないようです。

オレは彼女はいるけどね……という男性たちも頻繁にノンアダルトのライブチャットを利用しているようですね。

そのようなコミュニケーションを持ちたい男性たちは、ココロの中に良からぬ下心を隠していて、この女の子を必ずゲットしてやろうとか、実際に会ってみたい……、もっと親しくなりたいという気持ちも持っていないで、ただ、その瞬間誰かとつながっていたいという気持ちを持っている人が多くいます。……そうでない人たちもいますが。

段々とチャットレディーという仕事に慣れて来た

博多在住 マリナ 23歳

チャットレディーの仕事をスタートして、はや8ヶ月になろうとしています。

なかなかお客様がつかなくて、チャットレディーの仕事をやめてしまったという声も多く聞きますが、私の場合、とんとん拍子でここまで来たかな……という感じもあります。

やっぱり事務所がいいんですかね。最初にどこでライブチャットの仕事をするのかということは、とても大事なことですね。

ただし、もちろん、なかなかお客様が来ないという時もあります。そのような事態に遭遇して私もそれなり工夫していることもあるんです。

そして、再び慣れてくれば起こる失敗も。チャットレディーの仕事をしている以上、こんなことを繰り返すのではないでしょうか。

お客様の名前を間違いえてしまう……

段々とチャットレディーの仕事に慣れて来て、ちょっと油断をしてしまえば、必ずこんなミステイクと遭遇してしまうでしょう。笑って許してくれるお客様もいるかもしれないけど、そうでないお客様も一杯いると思いますよ。

チャットレディーの仕事をして段々と、お客様の数が増えてくれば、誰が誰だかわからなくなってしまうことがあります。ついつい、違う男性の名前を呼んでしまったり……。それは、ベテランチャットレディーとして絶対にやってはいけないことです。

そして、別のお客様と勘違いをして、別のお客様の話題に触れてしまうこともあるでしょう。

お客様は、私がいいと思ってリピーターになってくれている訳ですし、私もお客様を裏切らないというモチベーションが大事です。つまり、お客様の名前を間違える、たったそれだけのミステイクでお客様を裏切ってしまうことになるのです。

私は、実際に、お得意さまの名前を間違えただけで、ガチャギリされてしまったことがありました。

ライブチャットのつながりって、こんな感じで普通の人間関係よりももっとシビアなのです。ガチャギリですよ
。そして、二度とその
お客様は、ここへは戻って来てくれませんでした。

金蔓がどこか遠くへ行ってしまいましたね。私は、そこから反省して、お客様リストなるものをこさえることにしました。

チャットレディーは絶対に、これをしておかなければならないでしょう。そして、ここには、お客様といつどのような会話をしたのかも、しっかり記載しておきます。

そのような方法をとることで、お客様と会話をして、お客様には、「この女の子は、こんなことを覚えていてくれたのか」という感動をしてもらうことがあります。

メール一斉送信を使ってもあまり効果がない?

そして、チャットレディーたるもの、宣伝活動も大事です。一度来てくれたお客様に対して、「また来てくださいよ」とか。そして、お客様と会話を楽しんだあと、お客様に対して御礼のメールの送信。これが、大きなインパクトをお客様に与えることができるということなので、私も実行するようになりました。

私がしなければならないことは、全部インターネットの口コミ、体験談などが教えてくれているのです。しっかりそのようなものも参考にして成長していきたいですよね。

しかし、そんなメール送信なんて面倒くさいですし、ついついサボってしまうこともあるでしょうし、メール一斉送信という便利な機能を使ってしまうことがあります。

メール一斉送信って、とても便利ですよ。お客様が増えるほど、メール一斉送信に頼りたい気持ちになってしまうのですが。

しかし、お客様は、メール一斉送信であることはすぐにピンとくるみたいで、メール一斉送信をあまり好感的に見ていないようです。当たり前と言えば当たり前のことですが、どのお客様に対しても、コピーのメッセージを送信している訳ですからね。そんなものに対して、愛情も何も感じないでしょう。

そのようなものに依存して、段々とお客様の数が減っていくことに気付きました。やっぱり、手紙を書くようにひとりひとりに対して、丁寧に感謝の気持ちを伝える……。これをしないと、リピーターを獲得することができないのです。

嫌なお客様がいたらキックはOK?

最初は、私は、嫌なお客様がいても、その都度キックすればいいという姿勢でいました。お店でもそうアドバイスしてくれているので。

キャバクラあたりでは、嫌なお客様がいても上手く対応しろとお店のスタッフに叱られてしまうのかもしれませんが。チャットレディーでは、嫌だと思えば、自分の意思で会わない選択肢をとることができます。

結構、そんな会いたくないお客様っているもので、そういう機能があるからとてもありがたい!と思っていたのですが。

しかし、ぶっちゃけその考えは間違いです。そんないちいちキック、キック、キックの連続では、リピーターなんて誰もいなくなってしまうでしょう。

私が、チャットレディーで稼ぐことができるようになったのは、嫌なお客様でもキックしてはならないという自覚を持つようになってからです。

まとめ

いかがでしょうか。今回、2名の女性の体験談についてお話ししました。2名の女性とも、最初からお客様にめぐまれていたのは、いい事務所を選択したからかもしれません。

まずは、どこでチャットレディーをすればいいか決めることはとても大事です。


そして、チャットレディーは、必ずいろいろな失敗をしています。常連になっても失敗は、繰り返してしまうでしょう。しかし、失敗は、成長の糧です。失敗したら、しっかり反省して次のステップへ進んで行きましょう。

チャットレディーという仕事は、一見楽な仕事に見えるかもしれません。しかし、それなり、稼ぐチャットレディーは、努力と工夫をしています。

チャットレディーの仕事を長く続けたいと思うのなら、努力と工夫は、必要不可欠です。
そのような意味あいでは、チャットレディーの仕事はつらいと感じることはあるかもしれないですよね。

しかし、チャットレディーの仕事は、チャットレディーが楽しいと思っているから、お客様も楽しいと思うお仕事なのです!努力したあとには、きっとチャットレディーにやりがいも感じることができるでしょう。

【関連記事】

チャットレディってどのくらい稼げるの?チャットレディで稼ぐコツは3つ

現在チャットレディとして働くことを考えていて、実際どのくらい稼げるのか気になっていませんか?実際にチャットレディとして…

【おすすめ記事】

チャットレディの仕事が危険かどうか気になっていませんか?実際、チャットレディの仕事で事務所からアダルトを強要されたり…

福岡でチャットレディするなら
『Theory』 

福岡最大級のチャットレディ事務所『Theory』で一緒にお仕事してみませんか?
選べる在宅・通勤制に報酬率も福岡トップの実績あり。
会わない、飲まない、触られない、完全個室でコロナ対策もバッチリだから安心・安全 。